JR川越線指扇―日進駅間の事故写真

ネット上に落ちてたから載せといた

 21日午前8時10分ごろ、さいたま市北区日進町のJR川越線・指扇(さしおうぎ)―日進駅間の「日進第一踏切」で、川越発新木場行き快速電車(10両編成)と乗用車が衝突。乗用車は炎上し、運転していた女性が死亡した。電車の乗客乗員約1000人にけがはなかった。
 埼玉県警大宮署の調べによると、乗用車は電車の先頭車両に衝突した後、約30メートル引きずられ、炎上した。遮断機が折れていたことから、乗用車は遮断機が下がっていたところに進入したとみられる。同署で女性の身元確認を急ぐとともに、事故の原因を調べている。
 この事故で電車は自力走行できなくなり、川越線は大宮―川越駅間で上下線とも運転を見合わせた。午後1時過ぎには、別の電車を使って事故の電車を牽引(けんいん)中、現場から指扇駅寄りに約1キロの地点で事故の電車が脱線したため復旧作業が手間取った。JR東日本大宮支社などが脱線した原因を調べている。
 同支社によると、午後8時現在、同日中の運転再開のメドは立っておらず、終日不通の場合、上下109本が運休、約5万人に影響する見通しだという。

PHOTO ALBUM COPY
撮影者/不明

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です