夜の山中、光るキノコはあなたを救う

光るキノコ・・・見てみたいね。そういえば六甲山にはホタルの里とかいう場所があって、夜にはホタルが見られたのです(十年前。今はどうだか)。

神戸の山中に光るキノコ ホタルと同じ物質持ち発光
神戸市北区の山中で、発光性のキノコ「シイノトモシビタケ」が、幻想的な姿を見せ始めた。
光るキノコ神戸
写真シマサルスベリの木に生え始めたシイノトモシビタケ=神戸市北区で
 同キノコは、落葉高木であるシマサルスベリの老木に生えている。根元付近や枝の朽ちたくぼみには現在、高さ2センチ程度のものが50本ほど見られる。昼間は薄茶色だが、辺りが闇に包まれると淡い緑色の光を放つ。珍しさから持ち帰る人もいるらしく、有志による見回りも行われている。
 兵庫県立人と自然の博物館などによると、このキノコは、ホタルと同じ「ルシフェリン」という物質を持ち、酵素反応によって光る。50年代に八丈島で発見後、しばらく島の固有種と考えられてきたが、95年ごろに和歌山で2例目が見つかって以降、三重や大分などの県でも確認されている。
 いずれも湿度の高い梅雨時に現れ始め、数日間のサイクルで枯れては生える。秋雨前線の影響で9月ごろ再び見られる年もあるという。
http://www.asahi.com/science/update/0622/OSK200706220097.html

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です