甲子園口の踏切でトラックが立ち往生

JR神戸線、京都線などで遅れ 踏切でトラック立ち往生
2007年06月25日11時29分
 25日午前10時19分ごろ、兵庫県のJR神戸線・甲子園口―立花駅間の踏切でトラックが立ち往生して、付近の電車が一時運転を見合わせた。7分後に運転を再開したが、同線、JR京都線などに最大15分の遅れが出ている。
http://www.asahi.com/national/update/0625/TKY200706250121.html

甲子園口駅から見て武庫川の向こう側にある踏切。ここの踏切はよくこういうことが起こる。私も数年前、新快速の運転席の後ろに立っている時、乗用車の無謀横断を目撃した。非常ブレーキがかかり、130km/hからみるみるうちに減速し武庫川の橋の上で停止した。
また、自殺も多い場所である。上り新快速は最高125km/h、下り新快速は最高130km/h出すので接触すれば即死である。
この踏切の前にはテニスコートがあり、休日には多くの家族連れが訪れる。私も久しぶりにテニスがやりたいと思った。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です