春一番の風 平成20年


北山 修(昭和44年)
人は誰もただ一人旅に出て
人は誰もふるさとを振り返る
ちょっぴりさびしくて
振り返っても
そこにはただ風が
吹いているだけ
人は誰も 人生につまずいて
人は誰も 夢破れ振り返る
プラタナスの枯葉舞う冬の道で
プラタナスの散る音に振り返る
帰っておいでよと
振り返っても
そこにはただ風が
吹いているだけ
人は誰も 恋をした切なさに
人は誰も 耐えきれず振り返る
何かをもとめて
振り返っても
そこにはただ風が
吹いているだけ
振り返らずただ一人一歩ずつ
振り返らず
泣かないで歩くんだ
何かをもとめて
振り返っても
そこにはただ風が
吹いているだけ

関東地方に春一番 都心で風速15・9メートル
2008.2.23 15:03
 気象庁は23日、関東地方で「春一番」が吹いたと発表した。昨年より9日遅い。
 気象庁によると、日本海上の低気圧に南風が吹き込んだため、この日の関東地方は南部を中心に南よりの風が強まった。最大瞬間風速は東京都心で15・9メートル、千葉では22・9メートル、横浜で23・4メートルを観測した。
 春一番によって気温も上昇。最高気温は都心で17度、横浜では15・9度を観測し、4月上旬並みの暖かさ。千葉では14・7度で3月上旬並みの気温となった。
 春一番は、立春から春分の間に風速8メートル以上の強い南風が吹き、前日より気温が上がるなどの条件を満たしたときに気象庁が認定する。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080223/trd0802231503012-n1.htm

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です