簡単工作スリーブアンテナで地デジを受信しよう

今後試してみたいと思います。

スリーブアンテナ
室内・軒先アンテナで地上デジタル放送受信

地デジの周波数帯の1/4波長は約15cmになることを踏まえ。
1.同軸ケーブルの先の外皮を15cmむく。
2.露出した網線をほぐさないようにしてバナナの皮を向くように反対側に折り返す。
 網線の先はバラバラにならないようにテープを巻いて固定しておくとよい
3.半透明、または白い露出している絶縁体の根元(=網線側)の周囲にカッターで切れ込みを入れる。
 注)このとき芯線は切らないように
4.切れ込みを入れた絶縁体を先の方に引っ張り1mmほど隙間を開ける。
 注)1mmに拘る必要はない、隙間を作って空気の層をこの部分に作ることが重要
これで利得0dBのアンテナが出来上がる。
あとは縦横斜め、とにかく1番レベルが大きくなるところを
1/4波長の15cm単位で高さと前後左右の位置調整してを探す。
この15cm単位できめ細かく位置を割り出すのがポイント。
波長の1/4単位で位置合わせするのはサインカーブを見ればわかるように
カーブの山と谷は1/2=180度で逆転する。
その半分の1/4単位で行えば最適ポイントを見逃すことはない。
室内だとレベル変化が大きいので根気よくできるかどうかが鍵。
屋外でも15cm単位で根気よく調整するのがベスト。

No related posts.

1件のコメント

  1. 地上デジタル放送の内容

    地上デジタル放送は地上デジタル放送の開始が決定した時には「地上波デジタル放送」と呼ばれていましたが、語感の良い「地上デジタル放送」に呼称を変えました。略称は「地デジ」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です