47歳無職男性「マンゴージュースに殺虫剤が入ってた。」

兵庫県警神戸西署は22日、神戸市西区玉津町の無職男性(47)が飲んだジュースから家庭用殺虫剤の成分「テトラメスリン」を検出したと発表した。
男性は吐き気を訴えたが軽症。同署は何者かが混入した可能性があるとみて傷害容疑で調べている。
 調べでは、男性は21日、自宅アパート近くの薬局で紙パック(200ミリリットル)入りのマンゴージュース2本を購入。うち1本にストローを挿したが、
飲まずに自宅玄関先の洗濯機の上に置き、犬の散歩に出かけた。帰宅後の午後0時半ごろ飲むと苦味を感じ、もう1本を飲んだ後、吐き気を覚えたという。
 県警科学捜査研究所の分析で、1本目のジュースからテトラメスリンを検出した。紙パックに穴などはなく、薬局の他の商品にも異常はなかった。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です