長崎の水族館でクラゲが人気

若返りを繰り返す不思議な生き物が、人気者になりつつある。温帯から亜熱帯の海にいるベニクラゲ。
多くの中高年が水族館でうらやましそうにながめる。魅力を広めようと自作の歌を
CDにした研究者もいる。下村脩さんのノーベル化学賞で注目されたオワンクラゲに続いてブレークするか。
長崎ペンギン水族館(長崎市)で今月、ベニクラゲが初めて登場した。9月末に北海道の漁師が捕獲。
透明の釣り鐘に赤い球が包まれているような形だ。1センチ弱の20匹が上下にゆらゆら動いている。
紹介文は「不老不死のクラゲ」とある。子どもはピンと来ないようだが、大人たちは足を止め、
感慨深げに見つめる。長崎県佐世保市の女性(75)は「いいわね。うらやましい」と話した。
初老の女性は「何度も人生を繰り返すって、大変そう」。
日本では全域の沿岸や浅い海に生息する。京都大の久保田信(しん)准教授(無脊椎(せきつい)動物学)
によると、他のクラゲは死ぬと溶けるが、ベニクラゲは口や胃、生殖器官のある赤い部分が残る。その後、海中の栄養分を吸収して細い枝状の「ポリプ」を伸ばし、半透明の若い体を再び作り上げる。
驚異の特徴はこの十数年で明らかになった。通常の生物は細胞分裂のたびに染色体が少しずつ短くなる。
これが「老化」とされる。しかし、ベニクラゲは染色体の長さを戻す能力があるのだという。
長崎ペンギン水族館の飼育員、幸塚(こうつか)久典さんは「永久に展示するつもりです」。
世界最多の約40種のクラゲを飼育する山形県鶴岡市立加茂水族館はいま、オワンクラゲ人気に
わいている。でも、村上龍男館長は「ベニクラゲにも固定ファンは少なくない」。
若返る様子を観察しようと、自宅で飼う人もいるという。
*+*+ asahi.com 2008/10/26[**:**] +*+*
http://j.orz.hm/?www.asahi.com/national/update/1025/SEB200810250009.html

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です