VNCソフト

Real VNC
Ultra VNC

Windows向けに最適化された「VNC」互換のPCリモート操作ソフト「UltraVNC」
専用ドライバーによる描画の高速化やチャット・ファイル転送など独自機能を搭載
 「UltraVNC」は、Windows向けに最適化された「VNC」互換のPCリモート操作ソフト。Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003/Vistaに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。
 本ソフトは、ネットワーク経由でほかのPCのデスクトップ画面を表示して、操作を可能にするソフト。プラットフォーム非依存のリモート操作ソフト「VNC」および「VNC」から派生したソフトと互換性があり、ほかのVNC派生ソフトと組み合わせて利用することが可能。
 さらに、Windows専用の追加機能を備えているのが特長。たとえば、リモートPCへのログインにWindowsのユーザー認証を利用でき、その際サーバー側ではWindowsのユーザーごとに閲覧・操作などの権限を設定することも可能。また、別途用意された専用のドライバー “Mirror Driver”を導入することで、デスクトップの描画を大幅に高速化させることもできる。
 本ソフトはほかのVNC派生ソフトと同様、サーバーソフトとクライアントソフトで構成されており、操作される側にサーバー、操作する側にクライアントをインストールして利用する仕組み。サーバーソフトはWindowsサービスとして動作させることも可能。とりあえず動作させるだけならセットアップも難しくはなく、基本的にはパスワードを設定するだけでよい。
 あとは、操作する側のPCでクライアントソフトを起動し、サーバーPCのコンピューター名またはIPアドレスとパスワードを入力すれば、ビューワーウィンドウが現れてリモート操作が可能になる。ビューワーウィンドウはリモートPCのデスクトップを拡大・縮小して表示できるほか、全画面表示も可能。また、簡易的なチャット機能やファイル転送機能を備えており、リモート操作で他人のPCの操作補助を行う際に便利だ。
 なお、一般的なVNC派生ソフトでは[Alt]+[Tab]キーなど一部の特殊なショートカットキーがローカルPCのみへ送信されることが多いが、「UltraVNC」ではそれらのショートカットキーをリモートPCへ送信するモードを備えており、[Scroll Lock]キーでON/OFFできる。また、日本語テキストを入力する場合は、サーバー・クライアント双方の設定画面で日本語キーボードの利用をONにしておこう。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です