小規模なプロジェクト管理に最適なガントチャート作成ソフト「Ganna」

小規模なプロジェクト管理に最適なガントチャート作成ソフト「Ganna」
表計算ソフトを利用して手作りでガントチャートを作成していた人は試してみよう
 「Ganna」は、シンプルなガントチャート作成ソフト。Windows 2000/XP/Vistaに対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。なお、動作には.NET Framework 2.0が必要。
 本ソフトは、プロジェクト管理に便利なガントチャートを手軽に作成できるソフト。本格的なプロジェクト管理ソフトに比べると機能は少ないが、ガントチャートを作成するのに必要な機能は過不足なく備えている。そのため操作に迷う部分も少なく、ガントチャート作成の入門用にはぴったりだ。日ごろから表計算ソフトなどを利用して手作りでガントチャートを作成している人などは試してみよう。
 画面は左右2ペイン構成で、左ペインのリストにタスクを登録すると、右ペインにガントチャートが表示される仕組み。タスクにはインデントを加えて、タスク同士の親子関係をツリー状にして管理することができる。一方ガントチャートは、帯チャートの両端をドラッグして対応するタスクの開始日・終了日を編集できるなど、マウス操作で編集可能になっている。
 タスクの作成時は、基本的に名前・開始日・終了日のみを入力するだけでよいが、“リソース”という付加情報を2つまで利用することもできる。リソースには名前と項目を設定することが可能で、タスクに携わる人員・使用する機材といった情報を記録しておくのに便利だ。
 たとえばタスクに作業の“責任者”を登録しておきたい場合、リソースの名前に“責任者”を設定し、項目に“窓野杜太郎”といった氏名を複数追加しておく。利用する際は、タスクの“責任者”リソース内の氏名項目にチェックを入れよう。各項目には色を割り当てることも可能なので、“窓野杜太郎”のタスクだけチャート上では赤く強調表示するといったこともできる。複数項目の選択も可能なので、責任者を複数設定したい場合にも対応可能。
 そのほか、プロジェクトのなかで日程をずらすのが困難な節目となるタスクを“マイルストーン”として登録してチャート内に表示し、プロジェクト全体の工程調整を手助けする機能や、作成したガントチャートを印刷したり、画像として保存する機能などを備えている。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です