福知山線(JR宝塚線)脱線事故から4年

「死者107名、重軽傷者562名
JR西日本が起こした事故です。
遺族、重軽傷者が加害者であるJR西日本の責任を際限なく追及するアクションを止めるわけには行きませんね。
誹謗中傷は免れず、それ対しても真摯に対応する必要がJR西日本にはあると考えられます。
1両目に取り残されて足を切断しなければならなかった人――等、恒久的な身体障害が発生した人
周りで次々に死んで行くのを目の当たりにした人――をはじめ、PTSD等精神的な障害が発生した人
人それぞれですが、大きな不安・悩みを抱える要因となったのがこのJR西日本が起こした福知山線脱線事故なのです。
そういった人たちを救済できるのは――一体誰なのでしょうか。(私ではなさそうです)












【社会】 JR福知山線脱線事故から4年…午前9時18分、哀悼の警笛 追悼慰霊式営まれる
5 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/04/25(土) 12:01:44 ID:YkgvrUYQ0
107人も死んだのか。
たった1人に107人も殺されちゃうなんてね。
9 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/04/25(土) 12:09:42 ID:g3T1Dqyh0
無茶な運行させて安全無視した完全なJR西日本の犯罪なんだな
13 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2009/04/25(土) 12:15:25 ID:SAyKcxEuO
高見運転士も一緒にまつるべきじゃないか?
事故の原因は速度の出しすぎだが、そういうところにATSとかをつけなかったことが直接的な原因だろ。
事故調査報告書にも会社の責任とあるわけでいくら遺族の方々が言おうと一緒にまつるべき

39 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/04/25(土) 12:42:03 ID:wqkZtcer0

>>13
おれもそう思うわ。
遺族としてはATSの不備と日勤教育が原因と主張して、JRに認めさせたんでしょ。
なら、運転士も犠牲者だろうに・・・
いずれにせよ、亡くなったんだから、一緒に弔うべきだと思うんだけど・・・
こういう「感覚」がなんかこの事件の犠牲者に対して違和感を覚えるわ・・・
81 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/04/25(土) 13:47:40 ID:C+15xGuZ0
遺族の事をカスとか馬鹿と言ってるやつ、くたばれ、地獄へ落ちろ。
俺が遺族だったら、運転士が追悼慰霊式の対象にされるのは断固拒否する。
奴は「JR西」の奴だからな。

【JR脱線事故4年】午前9時18分…哀悼の警笛 追悼慰霊式営まれる
2009.4.25 11:04
このニュースのトピックス:列車事故
発生時刻近くに、警笛を鳴らしながら速度を落としてゆっくりと事故現場付近を通過する快速列車=25日、兵庫県尼崎市
 死者107人、負傷者562人を出した兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故は25日、発生から丸4年を迎えた。事故現場では発生時刻の午前9時18分直前、快速電車が哀悼の警笛を鳴らし、ゆっくりと通過。雨の中、多くの人が献花台で手を合わせ、犠牲者の冥福を祈った。
 また、同市総合文化センターではJR西日本主催の「福知山線列車事故追悼慰霊式」が営まれ、遺族と負傷者、犠牲者の友人ら計約1400人が出席した。
 慰霊式では、事故発生時刻に、参列者全員が黙祷(もくとう)をささげた。金子一義国土交通相は「事故を風化させることなく、二度と繰り返さないよう全力を尽くして公共交通の安全確保に取り組むことを誓います」とあいさつ。同社の山崎正夫社長は「ずっと続くはずであった幸せなご家庭を一瞬のうちに引き裂いてしまい深くおわびします」と謝罪し、「安全で信頼していただける鉄道を築いていくことを誓います」と述べた。
 続いて、次男を亡くした神戸市北区の上田弘志さん(54)と弟を亡くした石井努さん(44)=神戸市北区=がそれぞれ「慰霊のことば」を述べた。
 夫を亡くした原口佳代さん(49)がピアノを演奏して犠牲者を追悼した後、参列者が祭壇に次々と献花した。
 遺族側の要望で、死亡した高見隆二郎運転士=当時(23)=は追悼対象から除かれた。


JR宝塚線事故4年 雨の慰霊式、追悼の警笛

2009年4月25日11時25分
事故現場に設けられた献花台を訪れ、涙する女性=25日午前7時45分、兵庫県尼崎市、小玉重隆撮影事故現場に設けられた献花台を訪れ、涙する女性=25日午前7時45分、兵庫県尼崎市
事故現場のマンションを訪れた人たちは、壁に触れたり、手を合わせたりして冥福を祈った=25日午前9時28分、兵庫県尼崎市、西畑志朗撮影事故現場のマンションを訪れた人たちは、壁に触れたり、手を合わせたりして冥福を祈った=25日午前9時28分、兵庫県尼崎市
雨の中、事故現場に設けられた献花台に千羽鶴が手向けられていた=25日午前7時13分、兵庫県尼崎市、小林裕幸撮影雨の中、事故現場に設けられた献花台に千羽鶴が手向けられていた=25日午前7時13分、兵庫県尼崎市
事故発生時刻が近づき、献花を終えた人たちが現場のマンションに向かって合掌した=25日午前9時13分、兵庫県尼崎市、矢木隆晴撮影事故発生時刻が近づき、献花を終えた人たちが現場のマンションに向かって合掌した=25日午前9時13分、兵庫県尼崎市
 107人が亡くなり、562人がけがをした兵庫県尼崎市のJR宝塚線(福知山線)脱線事故は25日、発生からまる4年を迎えた。雨に打たれた事故現場では、電車の警笛が響き、黙祷(もくとう)がささげられた。追悼慰霊式では、遺族らの決意が静かに語られた。
 「福知山線列車事故追悼慰霊式」(JR西日本主催)は、現場に近い兵庫県尼崎市の市総合文化センターで開かれた。正午現在で、遺族と負傷者、その家族計793人が参列した。
 事故発生時刻の同9時18分、ろうそくがともされた祭壇に向かって全員が黙祷した。遺族代表として「慰霊のことば」を述べた上田弘志さん(54)=神戸市北区=は、大学入学直後に犠牲となった息子の昌毅さん(当時18)の姿を追い求めた4年間の思いを、涙で声を詰まらせながら訴えた。
 JR西日本の山崎正夫社長は遺族に改めて謝罪。「皆様のご無念を胸に深く刻み込み、たゆみない努力で安全な鉄道を築いていく」と誓った。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です