たかじんのそこまで言って委員会 2009.7.26

 1999年7の月、空から恐怖の大王がやってきて、人類は滅亡するだろう。
 人々を恐怖と絶望のふちに追いやったノストラダムスの大予言は結局、的中することはなく、われわれ人類は無事に21世紀を迎えた。しかし、新世紀の幕開けに起こった9・11テロと、それに続く新たな戦争。そして、100年に1度の世界的金融危機、各地を襲う自然災害、地球温暖化、未知のウイルスによるパンデミックなど。新たなる恐怖の大王ともいえるさまざまな危機が人類を脅かし続けている。もし、そんな危機の数々を事前に予知することができれば。
 できるんですか?
 できません。
 予言など科学的根拠がない。専門家の予測も当たったためしがない。天気予報ですら外れっぱなしじゃないか!そんなお怒りを承知のうえで、本日、そこまで言って委員会がお送りするのは、ズバリ!大予言。各専門分野での長年の研究と経験に基づき、絶対の自信があると豪語する過激なジャーナリストたちを緊急招集し、彼らの驚くべき大予言をもとに徹底討論。大好評、陰謀説ゴングショーに続く第2弾。緊急企画、そんなこと信じてしまって委員会。大予言ゴングショー。
 番組が占いとか予言をやり出すと末期に近いと昔から聞いております、先輩から。
 そう言わんと、前回ほら、大好評だった陰謀ゴングショーが日本列島に一大センセーションを巻き起こしましたんで。
 そんなもん、視聴率取れるかとおもとったら、取れてもうた。わからんもんや、世の中ね。
 ということで二匹目のドジョウをね、ということで、よりパワーアップして前回は陰謀ゴングショー、今回は大予言ゴングショーというふうになっております。
 どこまでいくねん。
 その数々の大予言をジャッジしていただく委員会の皆さんです。よろしくお願いします。特に気になる方いらっしゃいますか?
 北川さんですよ。
 ありがとうございます。
 関西が誇る女優さんですね。京都ですかね?
 はい。3度目です。よろしくお願いします。
 あなた最近、ようちょろちょろ読売テレビ出てるなあ。
 ちょろちょろって言うのやめてください。お世話になっております。
 よう見るよ、なんかね。
 そうですか。
 それも読売ばっかりなんだよね。
 そうですね、読売さんに温かくしてもらってます。
 読売さんの偉い人と関係あるとか?
 ひどい!そんなことないです。
 ようそんなこと言うな。
 そうだったら腹立つな。
 もう一方、安里よろしくお願いします。
 日本…。沖縄在住の。
 そうです。
 沖縄からいらっしゃってくださいました。さあ、早速まいりたいと思いますが、ゴングショー2回目なんですけど、早い話が予言者が出てまいりました。で、いろんな予言をします。皆さんがそれ信じられるか、信じられないか。
 ジャッジ。
 みんな信じられるということになると、もうそれで終わりですから、それでゴングです。逆に、予言者がごめんなさい、申し訳ありません。私の予言は当たりそうもありませんとギブアップしたらそれもそれで終わりです。時間が来たら、どっちみち終わりなんです。
 なんやそれ!まいりたいと思います。さあ、たかじんさん、これ、たかじんさん振っていただかないと始まらないことになっています。
 何が?
 一つよろしくお願いしますよ。いいですか?準備のほうはよろしいですか?いいですか?さあ、第1の予言者に出ていただきます。
 予言者さん、いらっしゃーい!
 20年後、沖縄は中国領となっているだろう。
 この恐るべき予言をしているのは、りょうどもんだい防衛問題などで主権国家としての日本のあるべき姿を説く憂国の軍事ジャーナリスト、井上和彦。さあ、信じるか信じないか、あなたしだい。
 青い海と空に囲まれた緑の楽園、沖縄。しかし、さきの大戦では戦場となり、今も多くの在日米軍が駐留する基地の島である。米軍にとって軍事の要である沖縄は中国にとっても重要な位置にあり、外洋型に変ぼうしつつある中国海軍にとって、その玄関先にある台湾および沖縄は、太平洋進出の障壁となっている。拡張を続ける中国軍は今後、あらゆる政治工作を仕掛けてでも沖縄を自国の勢力圏下に置こうとするだろう。事実、中国は米軍の一部部隊のグアム移転を待っていたかのように、日本政府に対して沖縄に中国総領事館設置を打診してくるなど、沖縄進出の機会を虎視たんたんとうかがっており、経済的に弱体化したアメリカが自国経済を中国との相互依存に頼るようになれば、台湾海峡や沖縄および周辺離島への中国の軍事侵攻に対しても容易に手出しできなくなる。井上氏は断言する。沖縄離島に自衛隊を派遣し、防衛しないと、中国海軍の太平洋進出を許し、世界経済をも中国にコントロールされてしまうだろう。
 20年後、沖縄は中国領となっている。あなたは井上和彦氏のこの大予言、信じますか?信じませんか?
 信じる方は青いボタン。信じない方は赤いボタン。今のところ、信じるという方は人生の大先輩お2人が押されております。その20年後なんか、三宅先生、知ったことかっていうことで、別に押したっていうことはないでしょうね。
 でもね、今の日本の前途をうれうとね、なかなか死んでも死にきれないんですよ。沖縄はね、沖縄って、かつては明朝とか清朝のときは…してた時代がある。それを島津藩が日本の領土化して、琉球諸国、その他を経て、太平洋戦争を経て、今また返還になって日本の領土になっているんだけど、私は安里さんがきょう見えてるから、安里さんがもともと、もともと沖縄の…から来たんだけど、今の沖縄の反米、日本、反本土という風潮がいけばね、私は20年もたたなくてもね、沖縄のほうから中国領になるようなことがあるんじゃないかっていう感じがしてしょうがないの。
 それはないですね。
 しかし、その、ともかく出てくるものは、本土への恨みつらみだけだね。ちょうど中国が日中友好、日中友好と言いながら、反日宣伝をしてるのと同じようなことが今、沖縄でも行われてるんじゃないかというのは、私の邪推でしょうか?安里さん?
 あの三宅先生がおっしゃるとおり、沖縄のメディアっていうのが完全に全部新聞者もテレビも全部偏ってるんですよ。私がちょうどことしで沖縄が廃藩置県で迎えられて130年。薩摩から侵攻を受けてちょうど400年。そんな節目の年なんですけども、僕は先輩方から教わってきたのは、なぜ沖縄が本土返還を実現することができたか、2つの要因があると教わったんです。まず1つは、米軍に統治をされていながらも、いつかは必ずおれたちは祖国、日本に帰るんだっていう運動を学校の先生が太賀教壇の上から日の丸の旗を子どもたちに振り続けてくれた。
 昔はね。
 昔は。で、これが一番大きかったと。もう1つはメディアだったんですよ。祖国日本に帰る日をということで、常にコラムを書いたりとかですね、常にアメリカからこう、なんだかんだ言われながらも小さな新聞社がずっとずっとそういう意識を、言論をずっと続けてきてくれたおかげで、住民はわが喜びとして、本土復帰を祝うことができたんだと、この絶対的な事実を僕らはずっと教えられてきたんですよ。
 それはどうして反日的に変わっちゃったんですか?
 いや、それは声を拾うのがすべてその声しか拾わないんですよ、今。
 それはメディアが?
 それはそのとおり。だからね、三宅先生がおっしゃるように、だけが悪いっていうんじゃなくて、本土のメディアがそれに輪をかけたと、とんでもない、NHKの沖縄慰霊の日の前日の放送を僕は目をうかがった。沖縄の渡嘉敷島という所で集団自決をした生き残りの人のおじいさんの話を撮ってるんだけど、言ってるのはナレーションですよ、集団自決っていうことをずっとかぶせていくわけですよ。
 今の予言の中でね、もうすでに実現されているね、個所があるんですよ。つまり中国が世界経済を支配するっていう、徐々にもうね、そういう傾向にあるんですよ。その沖縄の先の台湾、もう完全にね、中国の経済に飲み込まれようとしてるし、その中国に頼らないと経済的にもうやっていけないような状態にどんどんどんどん持ち込まれていって、だからね、沖縄もね、この調子でいけば非常に危険だってことはまちがいない。
 20年かからないんじゃないか。
 20年かからない。だからね、そうじゃないと信じている、例えば安里さんのようなね、若者たちがね、もうちょっとね、声を大にしなきゃいけないんですよ。
 沖縄愛国党を作ってくださいよ。沖縄愛国党を。いやいや、本当に。日本に対する。
 メディアのせいだ、メディアのせいだって、そういうことを。
 自分たちがみずから立ち上がって。
 そういうこと。
 運動を展開していかないといけないと。
 井上さんがプレゼンターだから。
 すみません!長らくお待たせしました。すっかり忘れていました。忘れたらいかんね。
 井上さん、結構あれですね、皆さん、シンパシーを感じていらっしゃる。
 もう本当に私が言うことがなくなるぐらい、とにかく集団自決の問題なんかは今、話が出まして、実は私、集団自決の問題をずっと追い求めて渡嘉敷島、それから座間味等に行きまして、ここで実際に伝令だった当時15歳の方々、それから生きておられる軍人さんの方々、島民の方々、かなりの方をインタビューしたんですけど、その中で軍の命令って集団自決した人っていないんですよね。そんな命令はなかったと。この集団自決の問題っていうのはどういうことかっていうと、これ、簡単な話なんです。要するに離島に日本の、今でいえば自衛隊が駐留して、いわゆる軍隊が駐留していると戦争になったときは住民が巻き添えになって、やっかい者になるから、軍の命令で集団自決を強要されますよという宣伝工作が始まっているというふうに考えれば一番わかりやすいんですよね。安全保障上の問題で、いわゆる米軍だとか、それから自衛隊がですね、沖縄の戦力を拡大しないことを誰が喜ぶかって、これ中国なんですよね。こういったところで実際にじゃあ、中国の工作資金がかなり沖縄等に入っているという。
 ちょっとちょっとちょっと、中国の工作資金が沖縄に入ってますって、どういう形で入ってきているんですか。
 これですね、例えば、全然われわれがその、気づかないんですけど、最近の琉球アイデンティティっていうのが、沖縄のアイデンティティの異様なまでの高まり、これは例えば自分たちが非常になんて言うんですかね、沖縄に対するあこがれみたいなものを持って見てるだけではなくて、例えば私なんか思うんですけど、沖縄の58号線の商工会議所の前に立っているのが孔子の像が立ってるんですよね。孔子の銅像が、それで首里城のあれなんて言うんですか、案内にも琉球王朝は中国と日本の融合文化というような形で。
 ちょっとちょっと、ということは今、沖縄で深く静かに潜行しているのは沖縄アイデンティティ、つまり日本人とは違うある種の独立した民族というような、むしろ中国に近いんじゃないかというような宣伝が行われているということですか?
 これはもうまちがいないと思います。
 まちがいない?
 まちがいない。
 それ実は沖縄からいらしている方はどうですか?
 まあ確かに。
 まあ確かに?
 ただね、なんだろう、沖縄アイデンティティっていうのは昔からあるんですよ。僕らのせんぱいがたって言うのはどちらかというと、戦前生まれの方々、離島国民扱いされてきた方々、劣等感をいまだに持ってるんですね。だから僕らは必ずもともと琉球だったんだって、歴史をひも解く中で、歴史を語るにあたっては、アイデンティティ育むにあたっても、琉球の歴史を語るんです。ですから、それイコールというふうな置き換え方はね、ちょっとしてほしくないなと。
 だから私、思うんですけど、慰霊碑っていうのは大体、南部のほうに偏っている、慰霊碑ですね、沖縄戦のときの。あれを見てみましたら、昭和47年の5月以前の慰霊碑と5月以降の慰霊碑の文言が全然違うんですよね。これはだんだんだんだん、最近の慰霊碑っていいますか、そういうようなものを見ていますとね、どうもその、沖縄戦がなんだか知らないけども、日本軍対沖縄県民が戦ったみたいな感じに錯覚させるようなものまで出てきてると。
 あれ県が作ってるんですか?
 県だね。僕はね、10年ぐらい前だからずいぶん前なんですけど、見に行ったときに、沖縄戦で亡くなったすべての方々のね、お名前をあそこに記すというので、日本人だけじゃない、外国の方も亡くなっている。それは大変いいことだと思うんですけどね。それを僕は10年ぐらい前に行ったときにね、あっ、押しちゃった。国別にね、亡くなった方のあれを国別に分けているんです。日本の場合だったら、例えば熊本県出身とか分かれてるわけね、国別に分けられる所もありますよ。日本とかアメリカとかね。僕はびっくりしたのは朝鮮半島出身の方々をね、韓国と北朝鮮に分けているんですね。それから中国だって台湾と中華人民共和国に分けているわけ。それは今はちゃんと中華人民共和国って国はありますよ、韓国っていう国もありますよ。でも沖縄戦が戦われた昭和20年4月には、大韓民国も朝鮮民主主義人民共和国も中華人民共和国もないんですよ。そのときに亡くなった方々をね、その後の政治的事情でね、中国だとか台湾だとか、韓国だとか、ましてや北朝鮮にいったい誰が分ける権利があるんだと。沖縄県がそんなことできんのかって話で、びっくりですね、あれは。
 日本全体が当時は…かんというか、左翼に乗っ取られかけた時代ですよ。本土は意外とそこからいま少し戻りつつあるんだけど、ある種、
 この本来のテーマですけど、20年後ね、あれだけ米軍基地があるのに、その沖縄が、中国領になっていることはないだろうと。素朴に思うわけですけど、そのあたりはどうですか?
 これはですね、私はやっぱり、まあなんて言うんですかね、静かな静かなこの中国の侵略にですね、沖縄の人たちがどれだけ耐えられるだろうかということにかかっていると思うんですよね。
 沖縄はやっぱり日本は自分で守らなければだめなんですよね。…ちゃんとね、航空自衛隊を送って、台湾の戦争等のときの…を送ってですね、きちっと自分たちの手で沖縄を守るをしないといけない、あともう1つは、対馬にもいえるんですけど、外国人の日本の、特に辺境の土地の取得に対する制限をする法律と、それから国家安全保障上の重要な国境地域には外国人はビザを許可ないと立ち入らせないということをちゃんとやらないとだめですよ。
 それでまあ、結局私もきょうのテーマの離島っていう話でですね、これ、日本最西端の島、与那国島。人口約1600人ぐらいです。1600人で台湾までは111キロです。もう最西端のところから台湾の島張りが見えるような所にあるんですけど、そこの島を考えていただければ、なんとそこを守っているのは警官2人とけんじゅう2丁だけなんです。本当に。こんな状況なんです。
 ありえない。
 沖縄本島以南には、沖縄本島以南の離島には、陸上自衛隊は一切配置されていないんです。まったくない。
 尖閣列島も沖縄県ですよね。
 沖縄です。石垣です。
 さきほどの集団自決の問題と絡んで、自衛隊誘致の反対の運動を。石垣島なんてのはこれおおはま市長というのはとにかく自衛隊は人殺しの道具だみたいな言ってるわけです。で、自衛隊の船が帰港しようとしても、入れない。だから何してるかっていうと、民間船で沖合に停泊した船に行って、船の艦上で着替えて、着替えて、民間の服に着替えて、それで上陸するという行動を。
 そんなことを一市長が言えるわけですか?
 そうです、そうです。
 市長が?
 ×××しますよ。
 本当にそうだと思いますよ。こういうふうな異様な状況にあるということですね。だから…。
 状況はよくわかりましたけれども、私がこの予言に、違和感を感じるのは、じゃあ、米軍はどうするのかなぁと、つまり沖縄全体がね、中国領になるのを座して米軍は待つ、出ていっちゃうわけで、そこがわからない。
 これ実はですね、米軍のほうのやっぱりこれはもうまちがいなく日本の安全保障っていうのは日米同盟を堅持することで担保される、これはあたりまえのことなんですね。米軍これ、出ていけ出ていけと言われて約8000名の海兵隊がグアムに出ていくと、出ていくという言い方をしてるんですけど、実際にはですね、グアムに集結させているんです。実際に2014年までにこれが完結するんですけど、同時にアメリカ本土からしっかりとした米軍の増援部隊がグアムにやって来て、そこで統合されて、戦える準備を整えてるという考え方が一番いいんです。ところが、民主党にしても自民党にしても、何せメディアの顔色を気にする人たちは、ここで自分たちの意見で自分たちの意向で米軍を出ていかせたというんですけど、これまったく違う話なんですよね。
 むしろ強化してるんですよ。
 強化してます。
 沖縄はね、戦略的に近すぎるんですよね、中国に。つまり中国に本当の敵とするアメリカが、グアムまで下がって、そこにしっかりした基地を作ろうと。そうなると沖縄はどうなるかといったら、またこの間の大戦と同じ橋頭堡になっちゃうんですよ。戦場のね。
 結局は今、日本のやっていることは地上戦をやれと、本土決戦をやれっていうことんですよ。
 そうですよ。
 そういうことなんですよ。こんなことが許されるか。
 国民の命を担保にしているんですよ。
 これをですね、われわれがそれを拒否して専守防衛だ、専守防衛だって、なるほどと。じゃあ、わかりました。皆さん竹やり持って、専守防衛、本土決戦やりましょうということで。
 全部沖縄がするんですよ。
 沖縄から米軍がなくなっちゃうんですか?なんか沖縄の友達がいるんですけど、米軍があったほうが、沖縄が盛り上がるので県民の人は別になくなってほしいとはあんまり思ってないと。
 それはいい友達だと思いますよ。というのはですね、9000名の人たちが沖縄の米軍基地で働いているんですよ。今、内地のほうで約4%弱ぐらいの失業率ですよけど沖縄って10%なんですよね。それを超えてるところで米軍基地がなくなったら、もっと経済的に疲弊しますよ。
 日本は4%じゃありません、5%ですよ。
 米軍基地がね、大幅に縮小されていったり、20年後、ないし30年ごとかに米軍基地が沖縄からまったくないという状況がないわけではない。それからお話にあるように中国の経済的影響力がどんどんどんどん強くなる、沖縄だけではないですけどね。そうした中で、中国が間接的に沖縄をコントロールできるような状況が強まる可能性はあるんだけれども、しかし、なんて言うか、中国領になっているというようにね、その、テリトリーとして陣取り合戦で取るような時代はもう終わっていて、中国領にすることによって国際社会から反発を受けたり、いろんな摩擦を起こすよりは、事実上、コントロールできてるような状況ができれば、中国にとっていいわけ。
 実は井上さん、一応、これ、ショーとしては、信じない人たちを信じるに変えさせなきゃいけない。
 わかりました。
 アドバイスとしては、より中国領に近いような状況になってるというニュアンスだということも含まれているということをもしおっしゃったら、あのへん、何人か変わるんじゃないかなって。
 辛坊さんみたいな人を、この番組の中国っていうんですよ。
 ちょっとね、大切な話があるんですけどね、私はね、現状、今の日本の、日本人のメンタリティ、現状ならね、まちがいなくこうなるよって言ってるのは、日本のね、一般の人たち、有権者、投票行為を見ているとね、外交もね、安全保障もね、全然興味がないんですよ。目の前の経済であったりね、目の前の要するに生活第一であったりっていう、その目の前のことでしか判断してない。一番大切な国家の存在っていうことを考えてね、誰も投票しなかったらこうなるということなんですよ。
 金先生の選挙民、有権者批判というのは、かなり本質を突いてるところはあると思うけれども、ただね、身近なことだけをあれする、投票行動の基礎にしがちなのは、先進国は日本だけじゃなくて、大体の多くの国はそうなんですよ。ただし、そういう場合であったとしても政府やあるいは安全保障を考える総局というのはしっかりしているわけ。だから日本みたいなことにならない。さきほどから聞き捨てならないと思うのは、コーストガードとかね、国境地帯の防衛というものをやるというのは、どんな、自衛隊が軍隊かどうかはともかくとして、そういうものって安全保障上あたりまえのことじゃないですか。ところが離島部の安全が非常に手薄になっているというのはこれはね、政府の責任。あるいは防衛省の責任だと思う。
 まったくそうだと思います。
 どう思う?
 宮崎さんの今の話ね、一つ穴がある。というのはね、民主国家は確かにあなたの言うとおり大体こうよ。大体民主主義国家というのはこうだけども、周りにこれだけのね、虎視たんたんとね、自分を狙っている国があるかどうかの、その分かれ目っていうのは国民自体が自覚しなくちゃいけない。
 それはわかる、それはわかるけど、それでもなおやっぱり私は、政府、安全保障の中核というのはやるべきことをやっていないっていう気がする。
 昔の戦争、沖縄戦のときだって日本軍っていうのは10万ですよ。10万の兵。
 ちょっと待って。
 国民の支持が必要なのよ。
 10万の兵で守ってるんですよ。今、何人かっていうと1800人なんですよ。それで戦車がないんですよ。1800人の中で、陸上自衛隊ですよ、1800人で戦車がないなんでないんだって。キャタピラ見たらみんなぞっとするからだと。県民感情にあおられてるんですよ。こういうばかなこと、それから米軍が普天間から移転しようとする辺野古、あそこにジュゴンを守れって言ってるんですよ。ジュゴンを守れって、あの地域の名物料理がイルカの刺身、ほ乳類を差別するなって言いたいんですよ、私は。それぐらいですね、おかしなことっていうのは今、いろいろとあるんですよ。こういうのって。
 ちょっと待って。日本、ちょっと待って。日本人ってそないアホでっか?20年間ね、このままでいくと思いますか?おれはいかへんと思うよ。
 アホになったんです。
 いやいや、また考え直すって。際になったら、がけっ縁に来たら。がけっ縁じゃ遅いかもしれんけど。
 もう遅い。
 おれそんな、アホやないと思うよ。
 いやもう。だいぶあほなってると思うで、本当に。
 いや、アホになったり賢くなったり、あほになったりって、交代交代やって。
 交代交代にやっている間にくっととられとんねん。
 いやいや。
 たかじんさん、もしそうなった場合でも沖縄に私が住んでるから大丈夫です。そうなったら私が。
 なるほど。
 たぶん20年後、沖縄解放戦線司令官って。地下壕にこもって中国軍と戦ってますよ。
 20年後に中国名を名のってるよ。
 ちんさんなっとったら怒るで。
 はい、どうも。
 ありがとうございました。
 でもこれは、こういう提言っていうのはしていかないと。
 真剣に考えないとね。
 そんなあほな!いうことからみんな歴史は始まってますからね。
 かえすがえすもこの番組、沖縄で放送されてないのがもったいない。
 残念。まずそこから動いてくれな。
 そもそもこのDVDを沖縄で地下組織で配ってください。任命します。
 地下組織で
 予言者さん、いらっしゃーい!
 半年後、新型インフルエンザパニックは起きていないだろう。
 この驚くべき予言をしているのは、新型インフルエンザについての予言を次々と的中させた男。もと小樽市保健所長、外岡立人。さあ、信じるか信じないかはあなたしだい。
 現在、新型インフルエンザは感染者が確認された国100か国以上、感染者数は7万人以上に達するなど、今もその猛威はとどまるところを知らない。WHOもついに警戒レベルを最高のフェーズ6に引き上げ、パンデミックを宣言。これは41年前、世界中で100万人もの死者を出した香港インフルエンザ以来のこと。日本ではこれまでのパンデミック同様、秋以降、強力な第2波がやって来ると予測されており、最低でも3200万人が感染、5万人が死亡するとの試算も出されている。あの新型インフルエンザパニックが再び来るとの恐怖が世界中にまん延する。そんな中。なんと外岡氏は新型インフルエンザが日本で大流行する可能性は、きわめて低いと断言。さらに多くの専門家が指摘するウイルスが突然変異によって毒性を強める可能性についても、ほぼないだろうと否定したうえで、このウイルスはとっくの昔から人に無症状で感染していただろうと予測している。
 半年後、新型インフルエンザパニックは起きていない。あなたは外岡立人氏のこの大予言、信じますか?信じませんか?
 押すの?
 押さんでええときに押して。
 失礼しました。
 まああの、テレビなんか見てますと、まことしやかにそういうウイルスというのはだんだんこう、いろんなこう、成長していってね、今までのワクチンでは効かなくなって、また新しく毒性が増えていって、この秋から冬には大変なことになるだろう的なこととか、われわれはマスコミのある部分の報道。
 確かに基本的には毒性が強まる可能性があるから、気をつけましょうっていうのは大体ニュースの最後の締めコメントで。
 そうそうそう。
 決り文句になっていることはまちがいありませんね。どうなんですか、そのへんは?
 そうですね。話題っていうものは非常に衝撃的なテーマを持った、そういったものしか話題にならないですよね。
 それはそう。
 ですから非常に危険だって言うと、これ、ニュースになる。その確率はどのぐらいかとは言わないですね。僕は今のおっしゃってた話、確率的には皆あると思いますけど、ただ低いと。
 低いってのはどのぐらい低いんですかね?
 すべての起きる可能性は1割以下だと思いますよ。大多数、じゃあ、今の新型インフルエンザ、これは小さな流行を繰り返して、冬場にはやる可能性はあると思います。これはたぶん3割ぐらいはあるだろうと。ですから僕は明るい話、希望のある話をしています。確率的に非常に危険なものは起きないとは言ってないですね。ただ、あくまで低いんだと、そういったものが非常に話題にされやすいと、明るい話というのはどうもニュースにならないんですね。パンデミックが心配ない要素って誰も記事書かないんですよ。そういったことですね。
 外岡先生、私は幻冬舎新種の新しいご著作を拝読させていただきましたけど、非常に予言というかご提言が当たっているああいうことで、私は信じるにしたんですけど、今の1割っていうお話…。
 1人変わりました。
 今の1割というお話というのはこれはエビテンスベーストなお話なんですか?データに基づくお話ですか?
 例えばこれまでインフルエンザがあって、それ以来いろんなインフルエンザの流れがありますよね。最近言われてることは、本当に最近、新しい話があって。どうもパンデミックっていうのはどんどんどんどん弱くなってきているよねと、今の豚インフルエンザ、被害が発生していくかというと、これかなり低いだろうと、かなりそういう意見のほうが出てきてますよね。
 これ先生のご著作にも票が出ていて、だんだんパンデミックの死者って少なくなってくるんだと、一目りょう然なんですが、これなんでこんなに少なくなって、やはり医療体制が整ったり、薬剤が開発されてきたということなんですか?
 そうですね。非常にそこが重要なんですけど、スペインインフルエンザの時代、1918年のころインフルエンザにかかって死亡する人間は今の4倍いたんですね。そのほとんどは肺炎です。細菌性肺炎。しかし今、細菌性肺炎で死亡する子ども、大人ってまずいないですね。ですから社会環境の大きな変化、栄養の変化、そういったものがまず基本的にだいぶ変わっている。
 細菌性肺炎ということは、つまりインフルエンザのウイルスそのものじゃなくて、別の細菌で肺が冒されるから、これは抗生物質が効くということですか?
 効きます。もちろん効きますけれども、そういう細菌性肺炎自体が今、あんまりないんですね。
 あっ、そうなんですか。安里さん、なんで変わったんですか?
 いや、宮崎さんが言うから、そうかなと思って。
 それお聞きします。このパニックっちゅうもんは人によって感じ方、ちゃいますわね。今回はインフルエンザパニックより、マスクパニックみたいな感じでしたよね。パニックっちゅうのは、どれぐらいがパニックなんですか?今回はパニックでしたんですか?
 今回のテーマは、結構僕、放送局といろいろ相談したんですけどね、大流行は起きないかどうかっていう、最初はそういうテーマだったんです。僕は大流行は起きても起きなくても、それ自体が病原性低ければ、たぶんみんながそれをわかればパニックにはならないだろうと、そういった意味でパニックは起きないだろうと。ある程度の流行は起きるかもしれないけど、被害はまず出ないよと、そういうことなんですね。
 なんかメディアがちゃんとした説明をしてくださらなかったから、そのみんながマスクを買いに走ったりとかしたような気がするので、今回もまた半年後にパニックが起こるような気がします。
 そうですね。それは非常に重要です。それはどこの責任かというと、国の責任です。国が何も説明しない。これ、アメリカ、ヨーロッパ、みんな国が科学的な説明してるんですね。
 先生からご覧になって、2か月ほど前起こった現象、あれはパニックですか?
 あれは新聞上のパニックですね、新聞上の、一部の人たちのパニックです。
 この国においてはパニックはメディアが作るんですね。僕はHIVの最初の感染者が日本で出たときに、ちょうど雑誌の記者をしてましたけれども、自分はパニック起こしたほうですよ、むちゃくちゃですよ、最初の方が…。
 そんなことばっかいっとったもんな。
 パニック引き起したと、あのときは最初はね、松本でフィリピーナがそこにおられたフィリピーナが感染したということがわかって、これでもう、身に覚えのある松本市民がパニックになったわけ。
 そらそうや。
 僕、マニラまで彼女追いかけてって、向こうで単独インタビューに実は成功したんだけど、そのあとはご存じのとおり、神戸です。そのあとは高知ですわ、高知で病院に運ばれた、今思えば、人権もくそもないですね。顔写真も出してその人に全部聞いて、でも、今HIVっていうのはそういうパニック状態かといったらそんなことないじゃないですか、治療薬も出てきて、ちゃんと治療をすればちゃんと治るって。今回のインフルエンザも、僕もだいぶ騒ぎましたけども、やっぱりメディアの責任は大きいです。
 特に勝谷さん、ひと事みたいに言わないで、一応さあ、そういう悪行をしたんだから、反省したら?
 せめてね、三宅先生みたいな頭にして出てきなさい。
 もうね、今回よくわかったのは、あのとき、東京なんかひどいんです。大阪から出張に行くでしょう?そうすると東京の某放送局なんか、入り口全部隔離状態、大阪から来たらですね、もう来ないでください。隔離状態、某放送局が。
 あなたが行く放送局は日本テレビしかないでしょ。
 そしたら、最近、その放送局の社員がかかったんですよ、そしたらみんなであっ、あいつかかったらしいでって言うて、普通の会話になってる。だからもう逆に言うたら、放送局レベルで前、2か月前に起きたようなああいうパニックはもう起こらない、つまり自分たちの身内ベースで笑い話みたいことになってる。
 辛坊さんがいつも言ってる日本テレビの11階のタレントクローク、受付嬢、ずっとマスクしとったよね。ある日突然、やめたよねその根拠は何かって聞きたいよね。
 歯の治療してたんですよ。
 その上…。
 もっとましなこと言えよ、そこに座ってるなら。スイッチばかりまちがって。
 まったく報道されてないっていうか、報道にならないから誰も知らないだけなんだけど、普通の病気に今、もう少なくとも今の新型インフルエンザに関してはもうこの時点で普通の病気になってる。外岡さん、これ、新型インフルエンザのパニックは起きないとすると、この冬は何も警戒しなくていいのか、それとも別の警戒要素があるのか。
 インフルエンザ自体の警戒は絶対必要ですね、僕が気にしているのは一昨年と去年、これ香港型でブリスベン株という非常に強毒なものが欧州とアメリカで流行してる。
 既存のインフルエンザの中の新株ってやつですか?
 そうですね、香港型の中の変株ですね。おととしはアメリカで相当被害出して、去年はヨーロッパです。僕は去年というか昨シーズンですね、日本でも来るかなと思ったら、意外と日本では出なかった。ですから、ことしは非常に危険だと思ってるんですけど、そこに豚インフルエンザ騒ぎでしょ。だからよく見えなくなりますよね。ですから僕はH1N1、豚インフルエンザはある程度、出るかもしれないけど、むしろそれよりも香港型のほうね、十分対処する必要があると。
 それ今までの香港型のワクチンは効くんですか?
 ヨーロッパでは昨年、効かなかったですね。
 効かなかった。
 難しいんですね。どんどんどんどん、変異してますから。
 新しいパニックでございます。
 それってでも、新型じゃないんですか?
 いやいや、絶えずインフルエンザウイルスは変異してますでしょ。日本の定義によると、これまで発生したことはなくて、誰も免疫を持てないという定義になりますでしょ、たぶんそういったインフルエンザはないんですよ。
 ない?
 今回の豚インフルエンザだって、相当前から前身となるウイルスはいたっていうのはわかってるんですね。
 あれは新型といえるんですか?
 ですから新型の定義の問題ですね。
 だって免疫記憶は65歳以上の人はあるとかって話だったけど、新型なのかどうかよくわからない。57歳か、57歳以上の人が免疫を。
 実際見るとね、日本のデータも欧州のデータも30歳以上は本当に感染しないんです。日本で関西でこちらで家族内感染って、ほとんどなかったでしょ。要するに兄弟で起きた、しかし、上の父さん、母さんにうつったりとかうつったりってないんですよ。
 …ばっかりですよね。
 そうですね。
 私の知り合いの某局の2人は30代ですよ。
 そいつあほやねん。
 ということで先生、どうもありがとうございました。
 ありがとうございました。先生みたいな人がね、あの、次の仕事ね、しょっちゅうこうなったらね。
 厚生労働省の…。
 電話してね。
 これで外岡先生がインフルエンザにかかったらパニックになっちゃう。
 わかりません言うて。
 変なツッコミ、多すぎる。
 それあかんやろ、先生がせきしながらわかりませんって。
 けど、先生とまた反対の意見の人がいてんねん。
 それが御用学者みたいな感じで陳情されたりする場合があんねん。
 皆さんそれなりに、いろいろつながってますでしょ。いろんなことで。なかなか発言がね、はっきりしたこと言わなくなってきたんですよ。
 とりあえず先生も国のお立場になったらまた違うこと言う可能性が?
 そういう職種っていうのはあまり好きじゃないから、たぶんそういうことはないと思いますけどね。
 すばらしい。そうですか。
 お呼びもかからないんじゃないの?
 もうむちゃくちゃ言うな。
 さあ、次の予言者に出てきていただきます。
 予言者さん、いらっしゃーい!
 3年後、
 さあ次の予言者に出てきていただきます。
 予言者さん、いらっしゃーい!
 3年後、北朝鮮の後継者はキム・ヒョン氏となり、韓国と日本は核武装するだろう。
 この驚くべき予言をしているのは、もと毎日新聞のソウル特派員、キム・ジョンイル死亡説で世間に衝撃を与えた重村智計。さあ、信じるか、信じないかはあなたしだい。
 重村氏は今回、大予言ゴングショーの出演にあたり、当委員会に衝撃の予言メールを送りつけてきた。そのメールにはわずか3年後の北朝鮮情勢がこう予言されていた。
 3年後、後継者は報道されているキム・ジョンウン氏ではなく、キム・ヒョン氏になっている。キム・ジョンイル総書記は名実ともに死亡する。しかし北朝鮮はまだまだ崩壊しない。その後、北朝鮮はミサイルに搭載できる小型核爆弾を開発し、米朝交渉に挑むが失敗。そこで日朝交渉に切り替えたところ、日本はアメリカの反対を押し切り、北朝鮮と国交正常化。日米同盟は崩壊するだろう。
 さらに重村氏は、10年後まで予言してくれた。
 10年後も指導者はキム・ヒョン氏ではあるが、軍が実験を握り、アジアでも核拡散競争が始まる。これに対抗し、韓国と日本が核武装化を推進する。韓国がアメリカによる北朝鮮への爆撃を覚悟しないかぎり、北朝鮮の核開発は続き、ただアメリカが爆撃すれば北朝鮮は韓国を攻めることになるだろう。
 3年後、北朝鮮の後継者はキム・ヒョン氏となり、韓国と日本は核武装するだろう。
 あなたは重村智計氏のこの大予言、信じますか?信じませんか?
 さあ、いかがでしょうか?ついてないよ。信じる方が1人だけですね。
 もうね、重村先生とは一蓮托生や、もう。
 前も言うてはったよね。
 キム・ヒョン氏とか名前出してね。
 いやいや、だめだよ、こんなところ出てきちゃ。まじめな学者なんだから。
 実は重村さん、この話はね、先に勝也さんが言うてもうたんんですよ。そんでね、みんなで追及したんですよ。どこできかはったんですかって言うたら、重村さんに聞いたって。
 まずいじゃない。
 うそうそ、まずいな。
 そしたらますますみんな信じなかったのよね。
 そんな失礼な。
 さっきから結構失礼じゃないですか。
 重村さん、金賢て何を?
 どういう?
 これがまあ。
 聞きなれないのが出てきたね。系図なんですかね、まあ、キム・…さんのお父さんですね、キム・イルソンさんの最後の息子さん、お付きの看護婦さんとの間に生まれた子どもさんで、年はこのキムマサオさん、成田で捕まったキン・ジョンナムさんとまったく同じ年で。晩年の子ということですか?
 じゃあ、介護の人に手をつけちゃったってことですね。
 そういうことですね。おー!カムサハムニダーッて。
 それは朝鮮総連が元気だったころやって。もう…。
 今、ぎざぎざ付けといて。
 このキム・ヒョンさんの存在っていうのは、ほとんどの専門家は知らなかった。たまたま僕は、昔からつきあってるニュースソースがキム・ヒョンに会ったことがあってですね、どういう人だとか、あるいはどういうふうにしてせいかつしていったのか教えてもらった。10年前ぐらいに聞いたんですけどね、存在するのはまちがいない。
 質問。これ、世界的に本当にどのくらい存在するというふうに認知されているんですか?今の段階で。
 このキム・ヒョンさんっていう人は?
 知っている人は日本では5人ぐらいですね。
 先生、ちょっといいですか?本当にいるんですか?
 います。まちがいなくいます。
 その5人の1人にこの人は入ってる?
 ここに2人おる。
 今回、ジョンウンですか?こっちのほうがごっつ前出てきてますわね?これは?
 あれはガセネタですね。
 どこ?北朝鮮が出したという?
 まあ、北朝鮮、どうかな、北朝鮮が出したか、あるいは韓国の情報機関が出したか、あるいは日本にいるいいかげんな人たちが出したか。
 じゃあ朝日新聞の記事なんてまったく?
 朝日新聞?
 朝日新聞って言うとまずいか。
 だって書いたんだもん、新聞として。
 まったくのまちがいですね。
 まったくのまちがい。
 原稿の書き方から言ってですね、ああいう原稿はありえないんですよ。われわれわれわれは原稿書いてきたんですが、根拠を、ニュースソースをどこにしているかっていうと、最初の記事は中朝関係筋、それからキム総書記に近い北朝鮮の関係者っていうんですが、原稿書くときですね、信頼できるニュースソースがまず、政府高官と書くか、あるいは政府当局者と書くか、最悪の場合でも政府筋なんですね。もうちょっと落ちると、信頼できる消息筋ってある。ここまでが限度なんですよ。
 信頼できる消息筋っていうのはね、自分のことなんですよ。
 原稿書かれてきた。
 それで。
 衝撃的な話。
 それ、中朝関係筋っていうのはありえない。
 中朝関係筋は?
 イギリスの報道官も報道したと?
 これも否定されましたね。
 否定されましたか。
 中国政府がね。
 中国の外務省の報道官が日本の報道に関してはありえないと。007みたいな小説だと、こう、否定した。
 中国の報道官はね、朝日新聞を信用するのか、私を信用するのか、あなた方の判断だって、どっちも信用しにくい。
 きょうはさえてるね。
 きのうよく寝たもんですから。
 逆にキム・ヒョンだという論拠はどこなんですか?
 これはですね、キムマサオさんっていう、この長男ですね、よく出てきている、キム・ジョンナムさん。キム・ジョンナムさんに非常に親しい日本人がいてですね、この人が3月から4月、5月、何回かマカオとか外国で会ってるんですが、そのときにキムマサオさんが後継者決まったと、誰だと、キム・ヒョンだというように確認しているんですね。そういうことからキム・ヒョンの可能性が非常に高いと。
 マカオでジョンナム?マサオね、あれ、暗殺うんぬんいうのは?
 あれはうそですね。
 え?
 あれはまったくのうそですね。
 まったくのうそなの?
 ありえないですね。
 それで終わりかい。
 ちょっといい?あのね、要するにキム・ヒョンがね、後継者であるっていうのは、これはキム・ジョンナムの発言しかないわけですよね?根拠は。それだとちょっとね、あまり信じられない気がするんだけど。
 結局、北朝鮮にはキム・イルソン総書記の血統を継ぐ人しか後継者になれない、キム・ジョンイル総書記、キム・イルソン総書記の系統、その中で、じゃあ誰がいるかというと、まずキムマサオさん、成田で捕まって、キム・ジョンナムさんですね。背中に入れ墨彫ってるもんで、後継者から落ちちゃった。それ…。
 なんの?
 なんで入れ墨彫ったんですか?
 竜の入れ墨彫ってるんですか?
 それどこで彫ったんですか?
 これは東京で彫った。
 東京で彫った?
 浅草で。
 浅草?
 ああ、そうですか。
 それだけで降ろされちゃうんですか?それはそういう…。
 それ、すみません、ニュースソースは言えないんですか?
 これはね、いわゆる日本の空港で成田でも密入国で捕まると、みんな素っ裸にして写真撮られる。
 身体検査されちゃう。
 重村さん、いっしょにサウナ入ったんでしょ?
 あのね、今の独裁者の血統がいないからね、過去にさかのぼって探すということはありますよね。それは比べたら大変恐れ多いことだけど、わが皇室にもかつてそういうことがあった。だけど今、子どもがいるのにね、なんでそれを除外してずーっとさかのぼってこっちに行く、しかもそれが氏名不詳の看護婦かなんかに手をつけたのの子どもっていうのはね、ちょっと合点がいかないんだけどね。あなたのね、僕はニュースソースは聞きませんよ、ジャーナリストに聞くわけじゃないけども。恐らく韓国の秘密情報部か安全企画部かなんかの高官だろうと私はねらいはつけてるんだけど、あなたのこれまでのニューソースとの経験則でいって、どの程度の確率なんですか?あなたが言ってるのはほとんどガセネタに近いような感じがするんだけど、大丈夫かな?
 われわれやっぱり新聞記者ですからね、情報機関とかそういうの、情報っていうのは基本的に信用しない。
 あなた信用しない?
 だから当の韓国、あるいは北の情報機関とか、関係者の話っていうのは必ず裏があるんですよ。そのまま受け取るとひどい目にあうんですよ。それはわれわれ何十年も経験してですね、そういうのは。
 都合が悪くなると、すぐ死んだことにするじゃない、重村先生は。
 金さん。
 まあまあ。
 きょうは辛らつですね、いつもより。
 どうしちゃったんですか?きょうは。
 いいでしょ、別に予言だから。
 それでいろんなニューソース、新聞記者で、そのうちの大体8割から9割が当たった人の話。
 重村さんご本人のこの情報の確度、今まさしく三宅さんの質問ですけども、0から100までだとすると、どのぐらいの確度があると?
 85%ぐらい。
 85ぐらいの?
 後継者の話はともかくね、後半の3年後、日韓核武装論というのは、昔。
 それはまたあとでやりましょう。
 これですか?じゃあこれいってください。
 いいですか?あの、日本の防衛力がどうやって増強されてきたかというとを考えていただくとですね、自衛隊ができたのは、挑戦戦争のおかげなんです。北朝鮮が核で攻めた。偵察衛星が打ち上げたのはテポドンのおかげですね、それからイージス艦なんの反対もなく…になったのも北朝鮮のおかげですね。ミサイルディフェンスの、MDも使えるようになったのも北朝鮮の。だから本来ならばそれがなければ何もできなかったことが実際には日本の防衛の中で実現してる。
 今までの先生がおっしゃったような日本の防衛力の大きな変化っていうのは要するに国内の規範、憲法が許すかどうかとかね、国内の規範の問題ですから、われわれが選択すれば変えていけるわけだけど、核の話はね、核拡散防止条約って、国際的なこのレジームの問題であって、日本がそこを抜ける決意をするのか、そのときに例えば受けるかもしれない経済制裁とかね、国際的な混乱とかいうことを考えると、少なくとも僕は3年っていうのはどうかなって思うんですよ。
 3年後に実現することはないと思う。だから3年、つまり核を持ったときに論議が始まるだろうという意味。もう一つの理由はですね、実はその、中国がまじめにならないと北朝鮮の核開発は止まらない。
 そうです。おっしゃるとおりです。
 基本はそうです。例えば中国が国境を解放したり、それから北朝鮮に対する危ない…はやめると、いえば北朝鮮は崩壊するわけ。核開発をやめなきゃいけない。
 おっしゃるとおりでね。
 そのために、そのために中国を動かすためには日本が核武装するかもしれない。
 おっしゃるとおり、おっしゃるとおり。
 というふうに思わせないと。
 非常に僕は重要なポイントでね、中国にほんきでうごいてもらうためにはあなた方こんなことしてたら、日本は核武装のオプションもあるんですよと、あなたたちちゃんと影響力をこうしてくださいよってね、そう言うならば、なんていうかな、中国を脅すための日本核武装論、本気でするつもりじゃないけど、というので、言ってる人と、事情がわからずに、本当に言ってる連中がいるわけですね。こっちが怖いと思うの、こっちが。
 それよりもね、私は日本軍がアメリカの核を利用したらいいと思うんですよ。村田という外務次官がこの間も各紙に証言してたように、つまりこれはもう、恐らくすべての日本人がそうだと思うけど、日本に寄港するアメリカの艦船、飛行機は例えば、原子力…空母とか原子力潜水艦とか、ミサイルを通常装備してるものが、なんで外して日本に入ってくるか、だけど日本政府は日米安保条約上、日本に核を持ち込むことは在日米軍の重大なる装備の変更を意味するから、事前協議をすることになっていると、アメリカが言ってこない以上、持ち込んでないと思うというだけのことで、ずーっときたわけですね。だけどアメリカはもう外交文書やなんかですべて発表してるし、もうすべて公知のことなんだよ。日本の外務省だけがそれはありませんって言ってるわけなんで、それはむしろさ、逆手にとって、持ってきてますよと、日本に。だから日本に来てるアメリカ軍は核を持ってるんですよって言ったほうがね、日本は関知しないけども、抑止力になるんじゃないかと思う。
 あれはね、本当のちゃんとした政治家だったら、きかとしてね、これをちゃんすとしてすみませんでした、実はそうでした、あのころ事情で言えなかったけども。
 うそ言ってました。
 うそ言ってました、ひと言謝って、ありますよって言ったらいいのに、よりによって外務次官があの密約の書類は私は引き継いでないって言っちゃったんですよ。それまではあるかないか、その書類、まだしも…してたのに私は引き継いでないって言っちゃった。
 抑止力もそうだけどね、やはり日本の防衛の根幹にかかわることについて国民が政府の言ってることを信用してないっていうのね、正当性の問題としてよくないと思うんだよね。
 それはある。
 ある時期ね、必要性に迫られてダブルスタンダード取れてましたって、今言うことって何もまちがってないと思うよね。
 そう思う。
 井上さんの言うとおり、私もそのとおりだと思うね。
 だけどね、核武装をするって言って、それを中国とのバーゲニーチップにしましょうって、こういう公開の場で言ってたらね。…。ならないの。
 それはそうですよ。
 それだけあほなのよ。
 そのとおり。
 さっきからばかだなと思いながら。
 あほだよ。
 どうもきょうはありがとうございました。
 でもすごい意見やったね。すっごい意見やった。
 どこがですか?
 誰もそんな夢にも思わないことをずばっとやで。これは大事やで、当たるとか当たらないとかいいとしてね。
 一番衝撃だったのが、このキム・ヒョンという人が存在すると思ってる人がどのくらいですかって日本に5人。これがすごい。
 ネッシー
 続いてまいります。続いての予言者の方々です、方々ですじゃなくて、方です。
 予言者さん、いらっしゃーい!
 2年後、プロ野球中継はテレビから消えるだろう。
 この驚くべき予言をしているのは、常にプロ野球を憂いそのタブーに挑戦し続けてきた男、プロ野球解説者、金村義明。さあ、信じるか信じないかはあなたしだい。
 WBCの連覇で驚異的な視聴率をマークした日本プロ野球界。しかし、金村氏は世界的不況がプロ野球中継を消し去ると予言。アメリカ経済情勢の悪さからメジャーはすでに高額な日本のプロ野球選手を見限っている。今後はアマチュアの有望な選手を次々と青田買いにするに違いないと、未来のスターたちが日本プロ野球界から消えてしまうと警告。さらに、放送権料も高額すぎると指摘。つまり赤字続きのテレビ局にとって、スター選手が消えたプロ野球中継は続ける意味がないのだ。と断言する。そして金村氏はさらにこんな予言も。これからはギャラが安くコツコツやってきた金村義明が重宝されるだろう。
 それはさて置き、2年後、プロ野球中継はテレビから消える。あなたは金村義明氏のこの大予言、信じますか?信じませんか?
 あれ?
 何があれなんです?
 まあ割と。
 半々に近いな。
 半々。赤の方が多いですが、これはあくまでね、地上波で。地上波ということですよ。
 それはもう専門チャンネルは別やよね。
 はっきり言うときますよ。野球人気は永久に不滅ですよ。だからね、正直ぶっちゃけた話します。僕もテレビ局にお世話になりながらね、野球解説者という称号をいただきながら、全然野球解説やってないんです。中継がないんです。年々、10年になります、僕引退してから、年々減ってきてるんですよ。で、この地上波の野球中継っていうのはほとんど巨人戦なんです。
 そやな。
 日テレは高額な解説者が、選手よりも年俸高いような、誰とは言いませんけど。まあそういう人たちがどんどんどんどんこう、減ってきているのも事実なんです。
 あのね、私はことし、巨人強いじゃないですか。むちゃくちゃ強い。
 あなた、巨人ファンなの?
 私巨人ファンなんです。阪神ファンの皆さんには申し訳ないんですけれども、ことしは強いんですよ、でね?にもかかわらずこれから本題なんだけど、視聴率ってそんなによくなってないよね。
 なってない。
 ここが問題だと思うんですよ。
 あのね、あの、ゴールデンタイムでやるとね、僕らでもやるときに最低12%とかいわれる。頑張ってくれって言って、解説者がどんだけ頑張っても取れないんですよ。
 あれね、解説者がしゃべらないほうが視聴率が上がる。
 ばっさりやな。
 僕はプロ野球中継なくなっても、別に困らないんですけど、2年後っていう根拠は何なんですか?地デジになるからそれぐらいかなと思って。
 なるほど。地デジね?
 ぢでじになるからって、地デジ言うていただけますかね?
 しかもね、視聴率を。
 巨人愛が少ないからとかじゃないんですか?阪神戦って確実に15とか取るじゃないですか。
 関西はね。
 関西は絶対に。だからなくなる必要がないと思うんですよ。
 関東はね、地上波って金村さんが言うときにはV局でしょ?ユー局イメージないでしょう。
 ないです。
 かわいそうじゃないですか、U局が。サンテレビなんか関西が全部放送してて、そのサンテレビが4月、5月、調子が阪神まだまだわからなかったときは、20%近いという。
 見ます。
 とんでもない数字が今でも上げてるんです。
 漫才とかそんなんなかって、まあ、それはなんとか漫才とか、かわちとかなんやけども、落語がやっぱりあれやった。ほんで今度、漫才が出てきた、それで今、なんか一人なんとかしゃべりとかで、落語家が落ちていった、けどまた、今度戻ってきたわけやね。今現在。それといっしょで、ゴルフができーの、卓球とかサッカー、そやから視聴率が落ちていくのはまちがいないやろうけど、いずれまた、取り戻すとは思えない?
 ゴルフもぐっと落ちたけども、石川遼君みたいなスーパースターが出てきたわけですよ。僕が提言してるのは、メジャーにプロ野球から行く時代じゃなくなって、アマチュアから行くようになってきてるんですよ。アマチュアからまずプロ、メジャーに、というのは、その松坂大輔の金額見てもわかるように、日本のプロ野球よりはるかに魅力あるわけでしょ。世界の大不況の中、今度はアメリカが今度はあれだけ故障するとね、金もそんなに出せなくなってきた場合には、またガタッとこうなってくる。でもアメリカを目指す選手たちは多くなってきて、日本のスターがどんどん減っていくと。そういうことになってくると、視聴率を上げよう思っても、スターを見ようとか思っても、上がらないんですよ。
 メジャーで…。
 それでまた美しい女性に言うのもあれなんですけども、阪神は人気あるとか言いますけども、2年後、金本がもしぐっと落ちたら、どうなりますか?
 別に金本さんでもってる阪神じゃないですもん。
 いや、実際持ってます。彼が。
 それはアニキ頼りではありますけど。
 アニキしか頼れないような状況なんですよ。もう、今。いまやそのアニキがね、アラフォーと言われてね、若いスターが育ってきてますか?そうすると、20パー、3テレビが取ってるとか言いながらでも、もう皆もう、カリカリ怒ってますよ、現場行ったらもう。
 でもあんだけ弱い阪神でも、応援し続けてきたんですよ、ずっと。
 阪神がね、バカな子ほどかわいいと言って、弱いうちほどかわいいんだよ。
 弱くても大丈夫なんです、愛があるから。
 ジャイアンツが勝てばいいとか言ってるまだ上の人がいっぱいいるんですよ。ジャイアンツが、ジャイアンツがって言ってるけど、ジャイアンツ、強いですよ、今。
 確かに。
 どこの世界でもね、圧倒的なスターがいないとね、やっぱり人は見ないわ。見ないと思う。この前の石川遼君ですか、よみうりテレビでやっとったんですよ。最高、歴代今までのゴルフ中継で男性の中で。最高を取ったの。16.…。
 16.なんぼ取ったの。
 でもね、それはこの番組のあとに放送があった。なぜかというと、その番組の終了時の視聴率はわが番組は19.3もあったの。
 すごーい!
 だから石川君、一回、あいさつに来においで!
 今でいう業界用語でいうもらいものって。
 ヘぇー。すごい。
 僕、思うねんけどね、星野監督やないけど、やっぱり映したって、けり倒したりとか、暴れるとか、やっぱりはなな?むちゃくちゃや。バーって来て、こらー言うて、けんかしてくれなあかんわ。あれは多いで。
 それね、僕もまったく同じ意見をね、なんか集まりでいいましたよね。あれ乱闘のときが一番数字上がるんですよ。
 エキサイトしてる。
 本当に上がるんですよ。
 最近見ないですね。
 その点な、ほとんどしないでしょう?
 その点な、真弓は何してんねん?
 何してんねやろ。
 やっぱり暴れたり、カーっとなってくれよ、監督。バット折るとかな。
 実際ね、実際に僕ら、小さいときには毎日テレビつけたら巨人戦ばっかりでしてん。毎日しててあたりまえみたいなのがどんどんそれが減ってきただけなんで、今、BS、CSで多様化されてるんで、野球人気は永久に不滅ですよ。
 今のは…。
 地上波で、地上波で中継が見れなくなりますよという話ですよ。
 野球中継そのものは総時間数は、今のBS、CS入れたらむしろ増えてる?
 増えてるんですよ。
 ただし、BS、CSの解説者のギャラが安いということを言いたいんでしょう?
 そういうことですか?
 長い!
 フラフラですよ。
 そんだらあの解説よりきょうのほうがギャラええの?
 あたりまえやないですか!
 えー!
 CSにお世話になりながら言うのもなんですけど。
 そんなに安いの?
 試合前に3時ぐらいからずっと練習行って汗ボトボトなって、始まる前から、終わってヒーローインタビュー、ずっとやって、一回5人家族で焼き肉行ったら終わりやないかって。それをこつこつ2000年からやってきて、こう広がっていったんです。
 わかる、わかる。
 だからこうなってるの。だから僕なんかもう、ことしなんかほとんどないんですよ、中継が。行ってみたって広島、広島球場新しくなったいう、…の所イヤフォンさしてインビュアーやんけって。解説者ちゃうやんけ言いながらやってきたんですよ。
 タレントとして十分やっていけるやん。
 若い子は、もう野球詳しいおっちゃんとか言うねん。ほんまにそういう子がいっぱいおるで。
 天下の金村にレポーターさせちゃいかんね。そういう失礼なことさせちゃいかんよ。
 いやいや、喜んでやりますよ。
 やんのか。もうみんな首になっていきよる。ーようはあんたはさ今の高額なギャラを取っている解説者を全部クビにしておれに全部よこせと、そう言いたいわけやな?
 頑張りますよ。
 何が予言やねん。
 そうですよね、きょうもしかしたら若い方知らないかもしれませんけどね、この方は近鉄バッファローズの伝説の4番ですからね。大変な選手だったんですよ。ねぇ。
 もうこの際やからお前の数少ない栄光をみんな言うとけ。高校のときからバーンと言うとけ!
 高校のとき打撃…、そこで終わったんですよ。そこでぐっと。
 報徳学園4番でな。
 あとこれで嫁がおらんようになったら終わりや。
 ホームレス解説者になっとる。
 お笑い芸人としても通用する。大丈夫。
 今から僕必死でね、政治の勉強とかもしてるんですよ。
 政治家に失礼やわ、あほ。
 いや、本当宮崎さんに弟子入りしてね、おれだから、中継も差し替えいうのはな、地方分権に似てるとこない?
 どこに
 さあ、ゲストの方はここまでなんですが、まあ、当然このシリーズは大トリは決まってるじゃないですか。
 なんやった?
 え、大トリですよ。前回の大トリ覚えてますか。ほら、もうお客さんのほうがお待ちかねです。ご登場いただきましょう。この予言者です。
 予言者さん、いらっしゃーい!
 20年後、日本はクールな全体主義国家になっているだろう。
 プレゼンターはそこまで言って委員会の核弾頭、勝谷誠彦。さあ、信じるか信じないかはあなたしだい。
 202X年、打ち続く政治の腐敗と離合集散、経済の停滞、中国の圧力とアメリカの横車に日本国民の不満は頂点に達していた。そこに登場したのが日本党。新も何もつかない真っ向勝負で、通称はジャピス。もちろんナチスをイメージするとともに、党員たちのジャピストはファシスト党をも意識していた。昔の北朝鮮のようなダサダサではなく、アニメに出てきそうなスマートな制服に、若年失業率5割の若者たちは熱狂。各地の街頭には鍵十字の逆の卍の旗を掲げたジャピストたちの行進する姿。ファッショならぬファッションとしてばかな大マスコミがあおることで、ついに総選挙で日本党は過半数を獲得し、合法的に政権を掌握。議院内閣制を廃止し、天皇制は維持しながらも、総統の下に全体主義を宣言。日本が即座に核実験を行い、核保有国になった。
 とさ、めでたし、めでたし。20年後、日本はクールな全体主義国家になっているだろう。勝谷誠彦氏のこの大予言、信じますか?信じませんか?
 終わりや。
 はい、どうもありがとうございました!
 持ってきたんですけど。
 一応聞いてみましょうかね。聞いてみないとね。聞いてみたら変わるかもしれないからね。変わる時間は与えなあかん。
 そうそうそう。これで終わってしまったらなんぼなんでもね、どうぞ。まさか本の宣伝にしにきたとかそういうんじゃないでしょうね。
 ばれた?
 ばれたじゃないでしょ。
 そう、本の宣伝。ついでにこっちもやっていい?
 どうぞ。
 これ今度出すんですけど、あしたサイン会をやりますんで。
 なんやねん、お前。
 これ、しゃれじゃないんだ。
 え?しゃれやないよ、サイン会は。
 7月27日6時から。尼崎の?さんファイブ?これ、誰も買わんかったら?
 悲しくなります。これが今度出る本です。これ何を言ってるかと言うと、これ代案を出せっていうのはみんな文句だけ言うでしょ。本当甲論乙駁ね、もっとやっていいと思うんですよ。そういうことをしないと、ファシズムになってしまうという、もうみんな、これは嫌だ、なんか政治がやるとこれは嫌だ、これは嫌だって民主党がやっても、これは嫌だ、これは嫌だって言うけども、だったらどういう考えがあるのかっていうことを、僕のメールの読者から募集したんですよ。そしたら実に多様な意見が出るということをまとめたのがこれなんです。だから代案を出せという本なんですけども。
 何か言おうとしたら大きな声出すコメンテーターがいるから、言えなくなる。
 いやいや、どうでもいいツッコミをする人がそこに座ってるから。だけど、全体主義国家っていうのは僕、日本の中で、僕の心の中でいつもね、どこかにずっとね、危ぐとしてあるんですよ。朝日新聞的な軍…が聞こえてくるということじゃなくて、日本人の心の傾きのどこかに、一つまちがうとこう行くという可能性はある。実は過去は日本は、絶対主義天皇制と言われながらも実は日本は全体主義国家になったことはないんです。ないんです、ないんだけれども、アニメってなんであんなにみんな全体主義好きなの?で、戦後ずっと戦争しないって言いながら、ずっと海外に輸出し続けてきたアニメっていうのは、非常に全体主義国家の中で格好いい服を着てロボットに乗ったりして、戦争してますよね。あの心の傾きって日本人の心の絶対どっかに。
 全体主義ですか?
 全体主義ですよ、ほとんどの場合は。
 あれは絶対的民主主義とジオンっていう全体主義の戦い。
 そうそう、だけどじおんの全体主義のほうに心引かれる人も結構いるわけですよ。
 それはそうかもしれない。
 どちらかというと、アンチのほうにどっか心引かれるところがある、それともう一つは、非常にね、今世論が、たらいの中の水のように一方向にいく。橋下さんや東国原さんの支持率が90%、80%異常だと思うし、もっと異常だったのは、やっぱり小泉純一郎のときは僕はかなり非常に危ぐを感じた。
 勝谷さん、オバマさんが当選したときに、オバマさんをファッショだって言ってたじゃないですか。
 僕もだから、世界的にね、世界的に特にだって世界にファシズムが出来たのは大恐慌のあとですから、世界的にこういうときに強いものに巻かれていく。強いものは非常に…まとって世に出てきたときに、非常に警戒しなきゃいけないということはあると思う。警戒しなきゃいけないと思いながら僕は好きですから、そういうのが。警戒してないですよ。
 好きなんでしょう?
 あのね、あなたね、日本に全体主義国家はなかったって言うけど、全体主義国家っていうのはありましたよ、やっぱり。やっぱり戦争中のね、一時期はあったことはあったね。
 ただその東条英機は東城英機に…
 日本人はだから、ファッションとして全体主義国家に傾きが心の中にどこかあると思うんですよ。だけどここで言うのは全体主義国家って実現してしまうと、そんなクールなものじゃないですよ。非常に暑苦しいものです。だから僕は非常に反語的な意味で書いて、正直言ってそんなんなるとは思いません。思わないけれども、われわれの心の中にいつもそういう傾きがあるということは自覚しておいたほうがいいなと思うんですよね。
 ただね、もう一つ反語で言っておくと、金先生がね、よくこう、民主主義っていうのはそれは選ばれた側の責任っていうのもあるんだけど、選ぶ側の責任ということを強くおっしゃるじゃないですか。私、すごくわかるんですよ、そこの部分というのは。これは政治学の本質であろうし、例えば最近、選挙の経済学という有名な経済学者が書いた本がある、これは要するにどういう本かというと、有権者、投票行動、投票行動というのは、とても非合理であると、先進国になればなるほど非合理なところがあって、自分たちの全体状況、自分たちの社会のあり方っていうものをきちんと見つめて投票することというのは非常にまれになってきている。民主主義っていうのはだめかもしれないっていう話なわけ。そういう民主主義に対する失望感が広がっていくにつれて全体主義への憧憬というか、渇望みたいなものが出てくるというのはあると思う。
 ポスト資本主義と資本主義終わりとも言われているけれども、資本主義の終わりとそれから民主主義の終わりというものはひょっとすると機を一にしてくるかもしれないから。その次のことをやっぱり見つめることが。
 だから全体主義にならないためには有権者も含めて民主主義をしっかりと、民主主義の本義というものをしっかりと認識していかなきゃいけないと思う。
 ここが優等生とそうじゃない人の違い。
 例えばね、チャーチルの回想録の中にもあるけどね、民主主義というのは愚劣な制度なんですよ。ね、汚職は起きるしね、物事の決定はグタグタ時間はかかるしね。スピーディーな意志決定はできないし、そういう制度なの。だけど、どんな独裁よりもどんな軍国主義よりも勝ってることだけはまちがいない。
 そのとおりです。
 だからこれをボロクソに言うということは例えば政治家がダメだと言うでしょ、私もダメだと思ってるけど、国民がだめだからですよ、だって国民が選んでるんだから。何も神ご一任が選んでるわけじゃなんでもないんですよ。だからね、やっぱり民主主義っていうのはこれから破壊しないで守っていくのはわれわれの責任であるしね、これを罵倒すれば自分が非常に文化人みたいな顔するのもね、とんでもない話なんですよね。天に…。そういうことだけは明記してもらいたいな。

No related posts.

1件のコメント

  1. たかじんのそこまで言って委員会 2009年7月26日

    1999年7の月、空から恐怖の大王がやってきて、人類は滅亡するだろう。
    人々を恐怖と絶望のふちに追いやったノストラダムスの大予言は結局、的中することはなく、われわれ人類は無事に21世紀を迎えた。しかし、新世紀の幕開けに起こった9・11テロと、それに続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です