「Google Earth」の月へアポロ11号の“イーグル号”で着陸する“Moon lander”

“イーグル号”を慎重に操って3D描画されたリアルな月面のターゲットへ着陸しよう

 「Google Earth」の月へアポロ11号の月着陸船“イーグル号”で着陸するWebアプリ“Moon lander”が、27日に公開された。利用には「Google Earth Plug-in」が必要で、編集部にてIE8および「Firefox」v3.5.1、「Google Chrome」v2.0.172.37で動作確認した。「Google Earth Plug-in」を利用したアプリケーションを開発しているWebサイト“PlanetInAction.com”から利用できる。
 “Moon lander”は、“イーグル号”を操って3D描画されたリアルな月面のターゲットへ着陸するゲーム。画面下部にある[Start]ボタンを押すとゲームがスタートし、操作はカーソルキーで“イーグル号”の姿勢制御、スペースキーで機体下部のメインノズルの噴射となっている。
 月面着陸には慎重な操作が必要で、少しでも着地時の衝撃が強いと失敗してしまう。画面右の高度計と降下速度計をよく見て、いったんターゲットの上空で静止してからゆっくり降りるくらいの気持ちで着陸にのぞもう。また、メインノズルの燃料にも限りがあり、30秒しか噴射できないので失敗は許されない。
 難易度が高すぎる場合は画面下の“Unlimited fuel”チェックボックスをONにすることで、燃料の制限を撤廃できる。また、[Full screen]ボタンを押すとゲーム画面をWebブラウザーのウィンドウいっぱいに広げることが可能。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です