たかじんのそこまで言って委員会 2009.9.27

1999年7の月、空から恐怖の大王が降ってきて、人類は滅亡するだろう。
人々を恐怖と絶望のふちに追いやったノストラダムスの大予言はてきちゅうせずわれわれ人類は、無事に21世紀を迎えた。しかし、新世紀の幕開けに起こった9・11テロ、100年に1度の世界的金融危機、地球温暖化、新たな恐怖の大王ともいえるさまざまな危機が、人類を脅かし続けている。
以前、そこまで言って委員会では、20年後、沖縄は中国領になっている。北の後継者はキム・ジョンウンではなくキム・ヒョンだ。テレビから野球中継が消えるなど、各専門分野で長年の研究を続けてきた過激な論客たちの驚くべき大予言を公開し、世の中に警鐘を鳴らした。そして今回、当委員会は再び日本の未来を予言する過激な専門家たちを緊急招集。
民主党新政権は今後、どうなる?地球温暖化対策の秘策とは?芸能界の薬物汚染はどこまで広がる?女性の生き方はどう変わる?150歳を超える老人が続出?さらにパワーアップした驚くべき大予言の数々を大公開。緊急企画、そんなこと信じてしまって委員会大予言ゴングショーパート2。
さあ、ということで、今回は2回目ということで。ぱっちもんになれへんかなみたいな。
今回、大丈夫ですよ。
今回もスタッフがですね、ここはこんな専門家を、このスタジオに呼べるのかという皆さんに、一堂に会していただくことになってますから。
ほんま?
その顔ぶれ見ただけでもおお、やっぱりなるほどなと。
なるほどなと。
また。
そうかもしれないけど。
ざこびっちと、桂さんに着てもらってるのは、番組のね、記念のもので。
本当にありがとうことでございまして、番組開始なんと、今回300回ということになりました。
300回といいますと、もうまる6年が過ぎて当然、きっちり7年目に入っていると。
年間50回ということですね。
その記念すべきときにやるのが大予言ゴングショーって。うちらしいといえばらしいけど。
ということで大予言をジャッジしていただく委員会のメンバーの皆さんです。よろしくお願いします。拍手。さあ、ゲストの方ですが、久しぶりはアイドル席、新婚の西川先生。
まだなんです。
まだ結婚をしてないねんね?
はい、婚約中ですね。
っていうことはこれから破たんもありうる?
せやね、言うなよ、ほんま大丈夫。でもね、婚約というその蜜月をね、経験するのは世間の人みんなが経験するもんじゃないですから、それだけでもね、一つの目的がね、果たしたみたいなもんですよ。
もうなんかやりきった感じですけど。
やりきりました?
やりきったですよね。
そうですか。それはそれはということで、進めてまいりたいと思います。さあ、早速1人目の予言者の方に来ていただきたいと思います。たかじんさん、また一つよろしくお願いいたします。
予言者さん、いらっしゃーい!
来年の参院選後、小沢一郎は民主党をリストラし、新たな保守政党を作るだろう。
この驚くべき予言をしているのは当委員会でもおなじみ、防衛省、外務省という経歴を持つ安全保障と国際政治のスペシャリスト、拓殖大学大学院教授、森本敏。さあ、信じるか信じないかはあなたしだい!
民、社、国の連立による鳩山新内閣は支持率75%という大きな国民の期待をもって迎え入れられた。しかし、そんな祝賀ムードをよそに、森本氏はこう断言する。
小沢氏は鳩山政権をあくまで暫定政権と考えている。いずれは民主党を解体し、政界再編をもくろんでいる。
思えば自民党を離脱後、細川政権の樹立や新進党の結成、自自公政権の誕生など、さまざまな政界再編を仕掛けるも、そのたびに分裂劇を繰り返してきた壊し屋、小沢。福田政権時代には勝手に大連立を模索してひんしゅくを買った過去もあるだけに、その可能性は大いにあるかもしれない。森本氏いわく、そのきっかけになるのが来年夏の参議院選挙。この参院選でも民主党が大勝し、衆参両議院で単独過半数を獲得すれば、小沢氏はもはや、政策や政治理念が異なる社民党や国民新党と組む必要がなくなるので、あっさりと連立を解消。さらには、民主党内の異分子でかつて小沢降ろしに加わったグループや、旧社会党、旧民社党の議員をリストラし、そのうえで自民党から保守勢力を引き抜き、公明党も味方にして新たに保守本流の小沢党を旗揚げする。そんな政界大再編を画策しているというのである。また森本氏は、そんな小沢氏の動きに反発するリベラル勢力が結集して、菅直人氏をリーダーとする左派政党が旗揚げされ、やがて日本は左・右に分かれて国論を戦わせる新たな二大政党制の時代を迎えるとも予言している。
来年の参院選後、小沢一郎は民主党をリストラし、新たな保守政党を作る!あなたは森本氏の大予言、信じますか?信じませんか?
さあ、皆さんに押していただきましょう。
とりあえず、ゴングショーのルールをおさらいしておきたいと思いますが、この段階で皆さんには信じる、信じないをいったん押していただきます。このあと予言者の方にレクチャーをいただきまして、そのつど、自分の考えがいや、信じる、変わった段階で押し直していただいて結構でございます。すべての方が信じるか、あるいは先生がギブ・アップするかでコーナーは終わりということになりますので。
今ちょっと、旗色、悪いですね。信じる方は1人ということになっております。
え?そう、よかった。
これ、来年の参院選後ですからね。
だってそれ大勝したらっていう想定つきでしょう?
そうですね。
だから大勝しないかもしれないし、まずそれが一つと、それからさっき言ったような別に新保守党できたら、あの保守党の顔ぶれ見たら、また日本だめにするよ。やっと今の民主党で世界のヨーロッパレベルに追いついたのに、今の民主党よりも古い政党作ったらもう日本は世界の中でやってけないよ。だから信じない。
小沢一郎っていう人は昔ね、自民党の田中派の憲政会の中枢にいた時にね、田中派ってのは最大140人までいったことがあんだよね。もっと大きくして、そしてそれを和って、2つの政党を作って、二大政党制にすると。つまり社会党はダメだと。社会党では二大政党の片棒担げないから、自民党をもっと大きくして2つに割るということを言ったことがあるんですよね。だからそのことでいえばね、森本さんの言っていることはなかなかこう…てると点であってもいいと思うんですね。ただ小沢にしてみれば、来年の参議院選挙で過半数やれば、彼としては至福のときですよ。つまり150人もっとの小沢派がいてですね、彼がうんといわなかったら何にもできないという状況ですからね、それをあえて2つに割るといったってもう彼だって70近いからね。そこまで道楽をやるかなという感じはありますね。
三宅先生おっしゃったように、参議院でもし、民主党が勝てば、衆参両院で盤石なわけですから、これをあえてリスクを犯すほど小沢さんに例えば、政策とかイデオロギーとかの信念があるかっていったら僕は彼は数の論理しかないと思うんですね。それを捨てて、政策にかけるってことはありうるか?逆に参議院で自民党が第1党になってね、民主党が社民、国民新党と連立を組んでも過半数に達しないって状況になったとき、2年前と同じで、民主党のほうから自民党に大連立を呼びかけると、その可能性は僕あるかもしれないと思う。
私もそう思ってる。
日本の、さっき保守とリベラルということで右と左っていうのは。日本の保守っていうのは1回つぶれましたね、今回のことで。だから小沢さんが担ぐ旗がちょっと見えない。小沢さんはああ見えてそんなに保守じゃない。
そうそう。
実は、かなりですね、民主主義に対する考え方なんか見てると、非常にリベラル。鳩山先生みずから国連演説にいったのは今まで日本には民主主義はなかったって言ったわけですよ。一党独裁が反政府。やっと日本人が勝利したみたいな、革命宣言ですよ。自民党の中から出てきた小沢さんや鳩山さんっていう人たちがあれじゃだめだということで、今回、初めて政権交代をやってのけたわけで、そうやって作り上げたものに今までの保守、リベラルという考え方を当てはめるのはちょっとどうかなと思うんですよね。
ぶ然と。
僕ね、やっぱりね、パネラーのほうがいいわ。
ここへきてそういうこと言うのやめてくださいよ。
先生、そこは…。
これをやるとね、必ずまあみんなからワーワーワーワー言われて、出ていったあとね、ぼろかすに言われて、ピエロみたいなもんですから、しかし番組のために。
ありがとうございます。
やりましょう。私のはものすごい突飛な議論で、参議院選挙で民主党が少し、12議席足らないんですけどね、過半数は。たぶんそこに届くだろうっていうことを前提に考えているわけです。
12議席っていうのは、もう国民新党も社民党も全部外してということですね。
民主党単独で参議院過半になるというのはですね。でもすぐに連立を解消できないですから。できないと、どういうことが起こるかというと、今から4年後の次期総選挙までおそらく解散しないと。来年の参議院選挙の3年半の間、どうやってこう日本政治が動いていくかという1つのシナリオですね。多分この間に大きな問題は2012年という非常に大きな節目を迎えるっていうことなんですね。2012年というのは国際政治では、アメリカ大統領選挙、ロシアの大統領選挙、台湾の総統選挙、韓国はよくねんだけども、北朝鮮がきょうせい大国になる年で非常に大きな節目をここで迎えるんですけど、日本が国際協力をしないといけないとか、あるいは重大な問題にかかわって政策を決定しなければならないときに、それが憲法の問題に反映するといった時に、今の政党の枠組みが変わるというのはこの前提なんです。どう変わるかっていうと、民主党の中ってのは左も右もしゅしゅ雑多ですから、国民新党とそれから民主党の、いわば左の派の人ですよね。左のグループ、これが左側の勢力になって、これはもう基本的な護憲ということで、憲法改正反対ということですが、これはずいぶん乱暴な話ですけども、結局は日本はこういう左側のリベラルの、リベラリズムっていうものと、それから右派・中道っていう勢力、2つに分かれるんですけど、小沢さんっていうのは僕はいわゆる小沢調査会のときからずっと新進党、自由党、おつきあいしてますけど、基本的には保守本流の考え方なんで、日米安保条約に基づいて在日米軍はいらない。第7艦隊が周りをうろうろしていればよい。防衛力をきちっと作って、それを国連安保理決議に基づいて国際社会に貢献することができれば、それはまさに普通の国になることだっていう考えですから、今、はっきりしてませんけども、おそらくこういう盤石の体制ができたら、自分の意見がはっきりしてきて、それにはくみできない人が分かれていくということだと思うんですよ。
さきほどのね、勝谷さんが小沢さんは保守とはあまり言えなくて、リベラルかもしれないというふうにおっしゃってた、私は必ずしもその意見にはくみしないんだけれども、ただ、一つ伺いたいのは、森本さんがお考えの保守本流というイデオロギー的な確信ってのは何なんですか?
結局かつて日本の中に旧自民党の第1世代の人が持っていたつまり保守主義っていいますかね、その保守主義の基本なるものは、自立っていうことだと思います。自立っていうことは結局、他国に依存をして国家の防衛だとか国家のありようを考えない。
ただ、自民党の第1世代でいうとむしろそういう自立志向だった、あるいは対米独立志向が強かった、もっと言うと改憲志向が強かったのは保守本流というよりは、今のこの清和会、つまり鳩山一郎さんの流れをくむ勢力だったわけですよね。
そうですけども、ここで言っているこの中道っていうのは要するに会見をしても日米同盟を維持して国際社会の中で日本の勢力を増やしていこうっていう、これが恐らく国民の多数の支持を得られると思いますけども、割合、右のほうにずっとふれた人っていうのは、左側の対極であって、イデオロギー的にはおそらく…。
森本さん、1人信じるに変わりました。
いやー…。
いいですか?
加わった理由を教えてください。
いや、もともと民主党が寄せ集めだし、自民党死んだし。したら、こういうふうになって、考え方がいっしょの人たちと組むっていうのがやっぱり自然なのかなってお話聞いてたら。
あのね、今、保守本流っておっしゃって、その根本概念が自立だとおっしゃったんですけれども、今までの自民党のトップの人たちはその自立の基本にある人権っていうことを理解してない人たちがほとんどだったんですよね。ですから、少子化対策で例えば女性差別の問題でも国連から勧告を受けるように、その自分たちの自立とか国の自立ってのは考えたけれども、いわゆる末端の個人の自立とかそういうことまでは思い至れる人権意識の持ってる保守本流はいなかったんですよ。だから個人の自立とか人権とかそういうことにまで思いを至らない保守本流っていうのはこれからもう存在しえないと思うんですよ。
あのね。
だから私は…。
保守本流じゃない。
田嶋さん、田嶋さん!
年金やらないだとか、強かんできるぐらいの男はいいと思う。太田さんとか森さんとかひどいこと言ってる、ここ2、3年。
だから自民党つぶれたんだからいいの。
田嶋さん、あなたね。
そういうことがわからないような議員はだめだよ。
田嶋さん、あなたちょっと私の話、聞きなさいよ。あのね、国連が勧告したとか言うけどね、女性差別なんかね、イスラム各国の女性差別もっと激しいじゃない、われわれの目から見れば。だから自分の都合のいい議論だけいったってね。
女性差別だって世界中にある
さっき皆さんがおっしゃってた話なんですけども、この状況の中で今、衆議院は圧倒的に民主党が持っていて、半分近い人たちはもう小沢さんのてかで、もう絶対権力を民主党の衆議院議員でも振るえるし、来年参議院で勝つということになると、参議院でも絶対的な権力を振るえるということになると、何もわざわざ割らなくたってそのまま、小沢さんは自分が通せるじゃないかって…。
そんなことはないです。小沢さんは参議院選挙の終わったあとは、レームダックになりますよ。だって、次の選挙は小沢さんの助け借りなくたって、当選する人、チルドレン以外はみんなそうなんです。
民主党の人たちが小沢さんを必要とするのは来年の夏までだと?
そうです。だから急速に、きゅうそくに僕は指導力が落ちていくと。
でもそれだったらそれでいいじゃないですか。
その前に自分から能動的に再編を仕掛けると?
そうそう、だから自分の考え方についてくる人だけが…。
小沢さん今おいくつですか?
必ずその政界再編はその再編は僕、かならずおきるとおもうんですよああいってやっぱ再編軸は憲法になると思います。
だから次の総裁選挙のテーマは憲法になると。
僕は逆にだけど、小沢さんが仕掛けるよりは、小沢さんの力がなくなったあとの政界再編っていうほうがあると思うんですけど。
僕はこの政界再編は本当のところ、総選挙、次の総選挙のあとに。
でもそれって、完ぺきに一時期の昔の自民党となんでも反対している社会党と同じじゃないですか。
このままでいったらね、やっぱり外交安保はもたないですよ。だから来年の参議院選っていう、そこをパシっと切るんじゃなくても、その先いったってね、このままでもつわけがないわけですよ。さきほどからその保守本流とは何かっていうとね、やっぱり保守本流っていうのは国家を守るということと、一番根底になきゃいけないわけですよね、それがなかったら保守本流では…。
だけどそれを今打ち出したら必ず割れますから。
だけどね、田嶋さんがよくフィンランドが好きだっていうんだけど、フィンランドっていうのはね、あんな小さい国でロシアに全部国境も接しているのにね、自分の国は自分で守ると。
徴兵制はありますよ。
言ってるわけですよ、それ以下ですよ、日本は。そうだとすれば、いずれ日本も保守本流にしなきゃいかんということですよね。そうだとすると、それは来年の参議院選挙とはいわないかもしれないけど、その先を考えたら絶対くるって、これは。
どうですか?来年の夏じゃなくてあと3、4年、次の選挙のあとぐらいまでを見越してこの大きな政界再編が起きるというシナリオで信じる方はどうですかね?
衆議院選挙のあとと考えてもいい。
あぁ、衆議院選挙のあと?
それならありうる。
それはありうる。
ちゃんと日本が自主独立してちゃんとした軍を持って国民を守るということの旗を今、掲げてる政治家がいないですね。
ただ自主独立っていうのが、今の相互依存の世の中でね、50年前の自主独立と同じ自主独立なんかありえないわけ。
それはそうだけど、パワー・ポリティクスの中で評価されるに足る力を持つということでしょ?
そういう自主独立だったらいいけどね、自主独立っていう人ってね、もう50年前のイメージで自主独立を言うから。時代錯誤なんです。
憲法かえなあかんね。
そうそう、変えなきゃいけない。
だからこそ変えなくていいのよ。
わかりました。どうもありがとうございました。
ありがとうございました。
次の予言者の方にいきたいと思います。さぁ、この方です。
予言者さん、いらっしゃーい!
CO2を減らさなくても私の秘策をもってすれば地球はすぐにでも冷やせるだろう!
これまでもリサイクルは必要ないと主張し、あらゆる環境問題に疑問を投げかけ続ける男、武田邦彦。彼が提示する地球温暖化対策の秘策とは?さあ、信じるか信じないかはあなたしだい!
鳩山総理は国連で明言した。2020年までに日本はCO2の25%削減を目指すと。世界各国からは歓迎の声が上がったものの、この国際公約が実現したときにはGDPは3.2%押し下げられ、家計への負担は1世帯当たり年36万円も増えているとの試算もある。われわれ人類が日々の生活で吐き出すCO2は増加し続け、全世界規模で気温と海水温が上昇。各地で異常気象が発生し、大きな被害が起こっているとされている。このため、太陽光発電やエコカーの普及、炭素税の導入など、世界各国がCO2の排出量を削減するべく、あらゆる知恵を絞る中、武田氏はCO2削減は意味がない。私には地球を冷やす画期的な秘策があるという。まず第1の秘策とは。
サハラ砂漠に反射板を敷く。
そうすることで、地球に入ってきた太陽の光を相当量宇宙にはね返すことができると武田氏は言う。さらに海水を使っただい2のひさくもあるというのだがはたして武田氏は世紀の大予言者か?ペテン師か?
CO2を減らさなくても私の秘策をもってすれば地球はすぐにでも冷やせるだろう。あなたは武田邦彦氏のこの大予言、信じますか?信じませんか?
上と下で完全に分かれた。信じる、信じないが。
上は疑り深い皆さん。
上はね、暑いからですよ。
あっ、そっか。なるほど。
ようこそお越しくださいました。
今、秘策が出て信じる人が半分。
サハラ砂漠に反射板敷くぐらいだったら、ソーラーパネル敷いたらどうなんですか?
そうそうそう。
僕はね、一石二鳥とか一石三鳥嫌いなんでね、そう言わなかったんですけどね、北極海の氷がなくなるとね、ものすごく温度が上がるんですよね。どう計算しても。それはどうしてかって言ったら氷に反射する光が弱くなるから全部吸収されちゃう。大体夏の北極海っていうのは、600まあ平方メートルぐらい氷があるんですね。それがサハラ砂漠に相当すると、太陽の光が北極は緩いけど、サハラ砂漠は3倍ぐらい強いね。だからそこのところに反射板置くと大体サハラ砂漠の10分の1ぐらい、これが反射板置きますとね、大体自由に地球の気温はコントロールできると。多分ね、将来はね、そういう反射板とか置いてね、ここら辺に台風作ろうかとかね、この辺少し暖かくしようとか、そういうのができるようになるんですよ。
無理ですよ。
中国で雨降らしてるからね。
皆さん、信じるから信じないに変わっていただくのは結構です。
ちょっと気宇壮大な話は一応置くとして、温室効果ガス25%削減というのは実質的に国際公約みたいになってますけど、これについてはどうお考えですか?
まあもちろん、CO2を減らす必要は、僕はないと思いますよ。CO2があったほうが少し温暖化するし、大体温暖化したほうが北の国多いわけですから、いいんですが、これをそっちに置いて、置いてCO2を減らさなきゃならないとしてね、これは各家庭で今、試算されているように、1年40万ぐらい払ってくれればできることはできるわけですよ。原子力発電やりゃいいし、太陽光発電やればいい。ただ太陽光発電すると、今ですと2.5倍になりますからね、電気代が。今度強制的に買うのが大体今の電気代がキロワットアワー20円でしょう。それに対して今度強制的に電気会社が買うのは48円ですから。約2.5倍、だから皆さんがね、電気が2.5倍になって、1年間に40万ずつ払っていいっていうんなら、それは別にCO2減らせるんですよ。
25%言うのは勝手ですよ。だけど皆さん、おれは今から国連に行って言うぞと。その代わり、毎月3万円ずつ電気代が高くなるぞと、そうやって言っていったかということですよ。
そう、皆さんが払う40万はどこに行くかっていうと、これが問題なんだけど、行ったお金は誰かが使うわけです。その人たちがいるからね、今、そういう作戦を組んでるっていうのは僕の見解ですが。
武田先生、いつも武田理論の裏には、それを食い物にしてるエコ利権屋がいるっていう。…してでもなんでも。
そうそう。
だいぶ世界規模になってきましたですね、そういうエコ利権が。
もうこのごろね、アメリカも数字言わなくなりましたしね、もう中国も言わないしですね、少しことしの夏じゃないけど、多少温度も下がってるし、まああと10年ぐらいでしょうね。
民主党は排出権取引の市場形成というのを推進するそうですが、これについては?
私は今度の金融崩壊が起こったのはなぜかっていうと、やっぱり、汗水たらして働いて食べなきゃいけないのにね、ヨーロッパが、特にアングロサクソンですよ。アメリカ、イギリスを中核としたところがね、金融で生きようなんて思って、ああいうことやったからいけないんで、CO2もね、排出権取引なんかは関係ないですよ。やっぱりね、減らすんなら減らすと、最初からね。
私はね、排出権取引市場がもしうまくいった場合、これ、バブルになる可能性があると思うんですね。
そうですね。
これは私は経済に非常によからぬ影響を与える可能性が高いと見てるんですけど。
あのね、私は武田さんが好きなのはね、あなたの話は非常に明快でわかりやすいんだけどね。この排出権というのは鉄ちゃんが言ったけど、非常におかしな制度だと思うんですよね。つまり排出権というものを金融商品にしている。つまり排出権っていうのは例えば企業ごとに排出の上限を決めるわけです。それを超えると、どこからか排出権というのを買ってきて、それもトン当たり何千円とかで買ってきて、埋めるわけですよね。お金を払う、例えば開発途上国に払うと。それは何に使うかっていうと開発途上国一番欲しいのは電気ですから。また発電所をつくる。またCO2をどんどん出すわけね。つまり排出権はあっち行ったりこっち行ったり、金融商品がいくけども、地球全体のCO2の排出は減らないんですよ、どう考えたって減らないの。
すみません、私初めてお会いしたんで、ちょっと知らなかったんですけど、エコっていうのは無意味で、エコは誰かがお金もうけのためにやってるっていうお話なんですか?
そうそうそうそう。エコっていうのは、まったく関係ないんです。
あっ、そうなの?
もうね、根本的なところから変わんなきゃいけないの。
あれはもっと怖いこと起きると思うな。ほとんど途上国でしょう?要するに金がいくところが。今まであれだけODAぶち込んでもあふりかがゆたかにならなかったようにあいつらのところにいったら全部権力者、独裁者が人々を抑圧するために使うんですよ。だからとんでもない制度ですよ。
もしかしたら国内でもね、いい企業は、発明してね、事業を大きくしようと、そしたらCO2かからないもん。一番いいのは今、ものすごくCO2出してる会社を今、買うわけです。あと一生ね、だんだん事業を縮小してね、CO2を売っていけば暮らせるわけ。そんなね、それが排出権なの。それがキャップ&トレード。
なんか目覚めたわ。
今、三宅さんが言われたとおりなの。だからこういう社会を作っちゃったらね、もうね、ドカンと
僕先生に聞きたい。地球ってそんなに弱いもんでっか?自然なもんでしょ?自然なもんでしょう?ほんならCO2が増えたら、地球はなんかしよる、爆発でもしたらええし、なんにしてもええ。その分、金でやり取りしてどないしまんねん。ほったらかしでええんちゃいますのか?
あのね。
そうじゃないです。
あんたに聞いてへん!
人間がやることなんか、大したことないの。人間がやることは必ず人間が解決できる。その範囲でしかできない、人間は。だから僕きょうは2つ言ったわけですよ。一つは、反射板を置く。反射板を置いたぐらいでね。どうってことない。
置かんでもええねん、もったいない!
どうしても不安だったら、不安に思う人がいるんですよ。CO2が高くなって、温度が上がって不安だっていうから、いや、不安ならね、サハラ砂漠に銀紙はりゃ終わりだと。それからね、もう1つは日本はね、すごくいいのは、周り全部海。海っていうのは海水の表面だけがあったかい。お風呂を沸かしてよくわかると思うんですけどね、お風呂っていうのは、表面が最初熱くなるでしょ、手が入らないぐらい。ちょっとかくはんしたらすごい冷たくなる。だからね、日本なんかね周りの海をちょっとかくはんしたらね。
みんな歩くときこないして歩いて。
先生に質問!
中国からすごい黄砂とか来るわけじゃないですか。それでなんか九州の鉄工所がなんかね、CO2出さないように改善したら40%かなんか工場から出るCO2がなくなったとか。
日本優秀ですよ。
中国だってそういうことをしたら、そういう技術を中国に提供すれば、日本に黄沙こなくなる。
中国が金払ってくれればいいけど、金を払わないでこの前の国連演説なんかね、鳩山さんが言ったら中国なんて言ったかっていうと、いやー、まあ日本からただでね、技術うんとくださいよって。ね?そんなことになったら大変ですよ。
そりゃ交渉するしかない。
ちょっと言わせてくださいよ。日本は技術先進国で、エコ技術で国家を立てるんだって言うけどね、エコ技術をくれって言うほうは発展途上国ですよ。ああ、いいものができたねと、援助してくださいと。誰がこんな金払って日本からエコ技術を買いますか。
第一日本の技術者は頑張った分だけはね、やっぱりお金になってもらいたい。それともう一つ、僕は国連演説で気に入らないのは他国が同調したら25%やるなんて、そんなけちなやつは日本の侍じゃないですよ。あれね、おれがやるんならおれがやる。他国はどうでもおれはこうだ、やらないとかやるとかはっきりしない。
あれを聞いてね、平成のロンドン軍縮条約だと思いました。相手が全然乗ってこない。日本が勝手にこれだけ軍艦削減します。帰って来たらみんな、国賊って言われました、あのときに。
おお、なるほど。ほんとそうだな。
あいつら勝手に自分たち、知らないよって10対10対7とかしたわけじゃない。
私、環境論者の一部の方の中に温暖化が起こらないんだったら、でも温暖化対策をしておけば、いいわけだから、起こらなかったら起こらなかったでいいじゃない。でも今、温暖化のために対策をいろんな対策を打つことっていうのはむだじゃないというふうにおっしゃる方はいますけど、それを見ると私はすごく腹が立ってくる。だって温暖化対策のためにどれほどのコストがかかるのかって。私はだからそれはあくまでもコスト計算で、温暖化のリスクと今のコストというのをちゃんと計りながら考えなきゃいけないと思いますよ。
温暖化対策やるなら自分のお金でやれって言うんですよ。人の金使ってやるから変なことになる。
さっき人間のやることしれてるっていったけど一番大きいのは、やっぱり太陽の黒点のね、…って日本は本当に何百年ぶりにきょくしょうきで、その前のマウンダーきょくしょうきってのはもう欧州なんて飢きんでね、17、8世紀ですけども、大勢人が死んでるんですよ。
400年ぐらい前ね。だからこれから寒冷化して、これは食料危機、一方で食糧危機、食糧危機だっていっといて、一方で温暖化反対、反対って言ったら大矛盾じゃないですか。CO2は植物を育てるでしょ。
まあもちろん、われわれの体も全部CO2ですからね、CO2でしかできてませんから、低炭素社会なんてやったら大変ですよ。
でも先生、ききんやないけど、もうこりゃ数十年たったら気温なんか関係なしにみんなできるでしょ。
ああ、だけどね、日本語に例外っていう言葉があるんですよ。冷たい害。だけどね、温害っていう言葉はないんですよ。あったかい害。どうしてかっていうと、ずっと長い間、日本っていうのはね、冷たいと問題なんだ、あったかいのはうれしい。全部そうなってる。
ほんなら温暖化万歳いうこと?
もちろん。
通常の番組しか見たことのない方は…。ひと言、感想を。
CO2は出したいだけ出せばいいってことですか?
そうそうそう、楽しくね。
あのね、番組のクオリティのために、念のため聞きますけど、先般、朝まで生テレビに出演されましたよね。国立環境研究所の研究員の方がグラフを出してきて、結局この温暖化が進んでいると、こんなにこう、上下をしながらもゾーンを取ってみると、やはりどんどん気温が上昇しているという議論をなさっていて、私の見るところ、武田さん、あんまり有効に反論されてなかったように見えるんですけど、これについてはどうですか?
僕ね、三宅さんからご質問あったときに答えたように、未来の気温は今の科学じゃわからないんです。ね?上がるか下がるかわかんないんですよ。わからないものをね、こうだああだっていったってしょうがないんですよ。あのときね、国立環境研の研究者は上がると言ったんです。隣の丸山先生は下がるって言った。両方とも正しくてね、どっちが合ってるなんて、僕ね、よくこう言われるんですよ。武田先生はどっち信じますかって。宗教じゃないから、信じられませんよとか言ったらね、それで僕の提案はね、まぁ、CO2が増えてあったかくなってね、心配だっていう方がおられるからね、科学はどっち行くかわかんないけど、あったかくなってもね、銀紙はるだけですよとこう言ってるわけですよ。そのぐらい小さいことを大きく言ってね、お金取ろうなんてね、電気代が倍になったりするのはやっぱりちょっとおかしいと。
先生と同じお考えのそういう先生っていらっしゃるんですか?
丸山先生は?
丸山先生とかね、アラスカ大学にアカソフ先生っていますけどね。
最終的にはなんぼけんきゅうしてもここや!いうところはおまへんのやろ。ずーっといきまへんのやろ。
ない、ない。
辞めといたらええな。
そう思うわ、ほんまに。
少なくともお金に換えることは…。
先生、でもね、私もう重大な反論をしたいんですけど、うち、太陽光発電を入れたんですが、1きろわっとあたりてんーてんーこの11月から48円で買ってくれるんですよ。こうなるとね、うち電気代ただになるんですよ。
その代わりね、その差額はほかの人が払う。
ほかの人が払うんでしょ?私は払わなくていいんでしょう?
あんたはよくないよ。太陽電池って一番よくないの。買うときに半分隣のお金もらうの。
そう。
今度ね、売るときに今度2.5倍で売るからね。1.5倍、また取る。
ということはなんですか?太陽光発電導入してるやつはとんでもないやつだと?
盗っ人や!
環境悪くないですから。
悪くないですよ。
ありがとうございました。
しっかりね、もう今時流の流れとしてね、テレビ見りゃ雑誌見りゃ、何見りゃ、エコエコエコね、国もそれに対して補助金出すという形でね、洗脳されてるわな、われわれも。
されてますね。
でもね、でもね、それ、みんな商売…。
いいよ、いいよ。
さあ、次の予言者の方はこちらです。
予言者さんいらっしゃーい!
あの凶悪な未解決事件や芸能界薬物汚染問題に近々大きな動きがあるだろう。
この驚くべき予言をしているのは妄想とも、たわ言ともつかない名推理で数々の事件をプロファイリングしてきた男。元警視庁刑事でFBIとも太いパイプを持つというファンタジー北芝健。さあ、信じるか信じないかはあなたしだい!
北芝氏は本日の放送に関する事前取材に当たり、当委員会スタッフに
北芝氏は本日の放送に関する事前取材に当たり、当委員会スタッフにこう前置きしたという。
今回はファンタジーではない、リアリティーだ!
そんな北芝氏が数ある未解決事件の中で今特に注目しているのが八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件。時は地下鉄サリン事件から4か月後の1995年7月30日。東京・八王子市にあるスーパーナンペイの閉店後、2階事務所でアルバイトの女子高生2人とパートの女性従業員が射殺された。事務所の金庫には銃痕と見られるへこみが確認されたが、入っていた現金700万円はそのまま残されていた。事件発生当初から物証、情報とも乏しく、捜査は難航。金目当てか?えん恨か?日本人の犯行か?外国人か?事件の動機や犯人像すら特定できないまま、公訴時効まで残りおよそ10か月。この事件の真犯人が近々必ずや捕まると予言する北芝氏は、事件の謎を解くキーワードをこう断言した。中国にいる日本人死刑囚と100年に1度の経済不況。ほかにも北芝氏は、およそ2年後に時効が成立してしまう柴又女子大生放火殺人事件の真犯人も、近々捕まるだろう。さらに押尾学被告、酒井法子被告のほかにもまだまだいるのではないかと、まことしやかにうわさされる芸能界薬物汚染の実態についても、近々、あの超有名芸能人が逮捕されるだろうと大予言を連発しているが。
数々の凶悪な未解決事件や、芸能界薬物汚染問題に、近々、大きな動きがある!あなたはファンタジー北芝氏のこの大予言、信じますか?信じませんか?
信じる方は青ボタン、信じないかたは赤いボタンを押していただきたいと思います。
割れたね。
これも割れましたね。さあ、これね、こういう芸能界のことっていうのはいきなりポッと出ますからね、そりゃ。えっ?って。酒井法子がね、あんなタマとは思わなかったもんな。
ここでよろしいやろ?あまりこんな、そんなことね、しょっちゅうありますね。
ありますね。
せやから、その気になったらここまでいけるんですよね。そやから今、北芝氏が言うてはるのは…。
ざこばさん、申し訳ないんですけど、さっぱりわかりませんが。
せやから絶対もう抑えられへんというとこまできてるということですよね。
そうですね。
え?ちょ、ちょっと待ってください。今後じゃあ、誰か大物芸能人がさらに逮捕されたり、正面に名前が出てきたり、その背後にあるものが明らかになったりするということですか?
そうですね、政権交代で。
政権交代?
かなりそういう意味では、変動があったと。
あるやろうな。
今までの旧政治体制でさまざま、今ざこばさんがおっしゃったような抑えられていたものが、たがが緩んだということがいえるんですね。
今までの政権はそういうのを抑えてきた?
抑えてきたというよりもですね、政権とやっぱりさまざまな捜査のいってみたら予定調和が崩れてくるんじゃないかということです。
意味がわからない。
だってね。
もうちょっとちゃんと具体的に。
社会全体を見てですね、あまりにも変動を操作的にすると、政治に支障をきたすんではないか、人心に不安が生じるんではないかという意味の予定調和です。
手心を加えてたってことですね?今まで。
そういうことはあった。
やっぱり政治家にも影響したわけでしょう?
そうです。
ちなみに北芝さんは最新刊、早いですね、魔の薬それでも覚せい剤やりますか?緊急出版、2日で書き上げたと。
3日半ぐらいですけども。寝不足で。
あぁ、寝不足で、そうですか。時流に乗ってもうけようと。
ええ、そういうことですね。
スーパーの犯人は誰なんですか?
スーパーの犯人はですね、40歳から50歳代の当時ですね、あの辺うろうろしてた男だろうということと、お金目当てではないだろうというところがですね、かなり強い線で出てるんですね。
じゃあ、なんですか?動機は?
動機はですね、えん恨です。犯行の前に脅迫状がカッターナイフの刃が送られてきたりですね。
今までも捜査線上に浮かんできた人物ですか?
浮かんできた人物、います。
その人なんで捕まってないんですか?
その人が捕まってないのは物証が乏しいということと、それからさまざまな意味で彼が立ち回りがうまいということですね。それから実は指紋が一指取れてるんですが、その捜査線上の人物とまだ一致するまでの、かなり肉薄したところまでいってない。
それなのに今回、捕まるってのはなんでなんですか?
DNAですね。犯行はスカイヤーズベンガムという38口径のリボルバー、フィリピン製のこれコピー銃みたいなもんですけど、やってるんですが、これ、かなり闇社会とかかわりがある人物で、何か犯罪を以前に起こしたことがあるだろうと。そういう人物がどうやら靴の底に物証を3つなり残してるんですよね。コケだとか、それから粘土だとか、鉄粉だとかですね。そういうところからどういうことかっていうと、日常生活の中に鉄工所関係のようなものがあるだろうと。そういうところで今、詰めの捜査をしてるんですが、この間、ある警察官、日本からですね、警視庁のですね、刑事部の監理監、優秀な警視が中国へ飛んで、それで日本人死刑囚と面談して情報取ったんですが、一部しか報道されてなくて、これは関与を否定したというふうに出てるんですが、それだけではなくて、そういうことを口走る人っていうのは、塀の外になにやら出ていった人たちに対してのメッセージだとかですね、それからあるいは自分が注目されたいとか、何かの願望があってのことと、それからやっぱりその、つながり薄いかもしれないけれども、真犯人の周辺に少しはある種の情報があるというふうに見てもいいんですよ。ですから捜査は急進展するというふうに私見てますけど。
あれ、覚せい剤で捕まって死刑判決受けてるんですよね。
そうです、覚せい剤です。
あれは彼が実行犯ではなく、彼の周囲にいるという?
そうですね。
それは監理かんが中国に行ってなんらかの情報を聞き出した可能性があるということですか?
可能性があるのとそれから、当たりをつけるというんですかね、要するにその感覚を取ってくるというのでですね、全部は言えませんけれども、非常に優秀な監理官なんですよ。
あのね、先生のお話を突き詰めていくと、今まで政治的にお目こぼしをする幅が広かったと。それが今度の新政権でそれが狭まるだろうと。そうすると現場の警察官も一生懸命やるだろうと、だからだんだん犯罪検挙率が高くなると。
高くなりますね。
だけどね、それを突き詰めてくとね、指揮権発動になるわけですよね。
最終的には。
指揮権発動ってのはね、ちょっと待ってっていうやつですよね。そうだとすると、国際的に見ると社会主義政権のほうがその指揮権発動的なんですよ。それはどう思われますか?日本の場合はどうですか?
またちょっと話し遠いもん。
日本の場合は指揮権発動までしなくても非常にうまい具合に円滑な捜査と政治のかかわりがあるんですね。日本人の国民性でしょうかね。
なぁなぁやぁやぁですか?
まあ、そういうことです。
そこを言いたかったんですけど、表現が…。
言われたことと関係するんですけど、今までの自民党政権で捜査当局とある種の癒着みたいなものがあって、お目こぼしが一部あったとしますね、それがご破算に願いますになって、民主党になるでしょ、民主党でできませんか?
民主党でできるでしょうね。お目こぼしという言葉使わないんですが、ある種の自民党政権で緩やかだったものが非常にその民主党政権で先鋭化するという表現を使いたいんですよ。それでお尻もたたかれるでしょうし。
でも民主党で別の癒着ができない?今度別のルートで民主党と捜査当事局とか芸能界とか…。
それはなんでもそうですけど、粘着力が増していきますが、まだできたばっかりですね。ついこの間、アメリカ行って決意まで監理官を飛ばしても非常に加わって加速してる状態なんです、捜査が。
2020年、田嶋陽子の存在価値はなくなっているだろう?
この驚くべき予言をしているのは、300万部を超えるベストセラー、女性の品格で女性の強さ、優しさ、美しさを訴えた人物。昭和女子大学学長、坂東眞理子。さあ、信じるか信じないかはあなたしだい。
最新作、幸せの作法で働く女性たちに普通の幸せを手に入れる方法を伝授する坂東氏。坂東氏は日本女性が置かれている現状について、
結婚か仕事かの二者択一の時代は終わった。結婚でも仕事でもない第3の幸せの道が無限にあると分析。その上で。
そんな時代には田嶋さんの人にこびない潔さに共感する女性が増え、田嶋さんの主張は珍しいものでなくなり、わざわざ取り上げる価値がなくなる。
と予言。つまり田嶋さんのような女性が減るのではなく、増えるからこそ存在価値がなくなるというのだ。さらに坂東氏は政府の計画にも注目。
2020年までに指導的地位の30%を女性が占めるようにするという目標が達成され、もはや声高に男女同権を叫ぶ必要もなくなる。
と、断言する。坂東氏のこの予言がもし本当になれば、結婚や家庭の形はどう変わり、そして日本の男性はどうなっているというのか?
2020年、田嶋陽子の存在価値はなくなっている!あなたは坂東眞理子氏のこの大予言、信じますか?信じませんか?
さあ、皆さんに押していただきましょう。ご自身のことですからね。
信じたいよ。たいってのはないんだ?
まあ信じるですね、じゃあ。
じゃあ信じない。
あ、信じない。なんだ。
10年でしょ?あと。
あと10年。
10年は、過去の10年振り返ってもわかんないね、民主党政権になったら早いかもね。大臣ができたからね。
ただね、三宅先生、ちょっと、やっぱり田嶋先生、いない、いなくなるのは社会も寂しいですよね?
寂しいですね。わたくしはねやはり私の生きがいの1つだからね。ともかくあの田嶋女史がいる限り私も元気で頑張んなきゃいかんと。
しかしああいう、日本列島が田嶋陽子さんの顔で埋め尽くされたら…。
ちょうどこの前、20年前ぐらいのビデオ見たんです、彼女の。そのときは本当にいかれポンチを女にしたような感じでね、私はなんてやつだろうと思ったけど、最近は女性らしくなってきてさ、きれいになってきたの。
これが女性らしい?
だからあなたが100歳ぐらいになったらね、妖ばと言われるような存在になってね、ちょっと若い男の子をたぶらかしてるんじゃないかと、私は思ってるんです。
妖婆だって。まあそうなりたいもんだけど。
これ、田嶋陽子の存在価値はなくなってるんですね?別に田嶋陽子が存在しなくなってるとか、いなくなってるとかそういう話じゃない?
それはまったくありません。
80過ぎてるわ、80だから…。
活躍されるんじゃないですか。
その存在価値がなくなってる理由は、世の中のみんなが田嶋陽子さんと同じになるからっていう話なんですか?
だけど世の中みんなが田嶋陽子さんみたいになったらこりゃ地獄だね。
そんなことない、先生、すごーく大事にされて。
大事にされて元気になるよ。
田嶋先生みたいな考え方、古いですよ。
田嶋先生みたいな考え方をしてる若い女性、少ないですよ。
それは単なる無知なんだから。無知で鈍感なの。
違います、違います。
だってあんな差別受けてるのに、感じないんだから、若い人無知だし、今、先生はすり寄ってるっておっしゃったけど、大方の女の人、やっぱり男の人と男社会が怖いからね、すり寄ってるんですよ。
今、強くなってますよ。ちゃんと言えるようになってます。
強いだけじゃだめなの、ただいうだけでもだめなの。
先生みたいな社民党のああいう…。
社民党と関係ないよ。
ショートカットのああいう女っぽくない人たちが女の権利とか言われても私は嫌なんですよ。女性の代表みたいな言い方をされても。
そんなこと何も言ってないよ。
でもね、はっきりいって55年体制がもう維持できなくなってるんですよ。そのはっきりしている原因は、少子化が進んでますよね、高齢化が進んでますよね。そうするとやっぱり頭数が少なくなるんですから、みんなでこの社会を支えなければいけないんですよ。ですから女性で30代、40代の働き盛りの人たちが子どもを産んだら3年間は休めます。小学校に入るまでは、短時間勤務ができます。法律はできてるんですよ。法律はできてるけれども、まだ無理だわっていって、やっぱり男性の働いてくれる人と結婚したほうが楽だなと思ってる人は、いるんですよ。いるんですけれども、そういう人と結婚できる人は、もうだんだん宝くじに当たるような確率になってきていて、絶対リストラにあいませんか?絶対病気になりませんか?絶対に浮気しませんか?っていう男性がどれだけいるかっていうことがじわじわってみんなわかってきたんじゃないかと思うんですね。ですから本当に特別な人だけがキャリアウーマンだとか、肉食系女子だとかっていう感じですごい成功するんじゃなくて、普通の女性たちがもう働くのはあたりまえ、結婚するのもあたりまえ。
先生の理想論で言うと、確かに制度的には、新卒でちゃんとした会社に入って、結婚して子どもができると、3年間は育児休業で休めて、そのあとその同じ会社に復帰して、さらに定年退職まで一生懸命頑張るよというモデルだと思うんですけど、ところが今、なかなかその正社員になれないとか、あるいはいっぺんその会社、実際は3年間休ましてくれるといいながら、実質クビになって、そのあと子どもがね、いてもういっぺん会社、別の会社行こうと思ってもなかなか就職できないと、そういう目の前の現実って。2020年までに解決します?
まさしくそうでね、民間が相手なわけですよね。企業というのは民間ですから。それをどういうふうにコントロールしていくべきなんですか?
今まではね、法律はあっても法律は守らなくてもいいもんだとみんな思ってたんですよ。例えば本当にこの育児休業法がありますよって言ってもそれ大企業だけでしょとか、公務員だけじゃないのっていうふうにいう人が多いんですけど、法律ではすべての企業がそれをしなければいけない、出産で休業したからっていってクビにしちゃいけないっていうことになっているんですが、おっしゃるとおり、本当に建前なんです。
だって不況になれば、特に中小企業を中心にして、人件費コストをいかに削減していくかということがテーマになるわけですよ。福利厚生だって削減していくことがテーマになるわけですよね。そうした場合に、今までのこれ、いいと言っている、それがいいと言ってるんじゃなくて、今までの傾向としては、例えば女性の社員を、正社員を少なくしていったり、いろいろな休業体制とかっていうものを削減していったりするっていうのは現実ですよね。これ、どうやって止めればいいんですか?
法律がこれだけできているのに、それが実行されないっていうのは、もうちょっときちんと法律を守らせるようにするっていうのも一つの方向ですけれども、強化するっていうのは一つの方向ですけれども、やはり一番大事なのは、男性も女性も、特に女性がね、本当に自分の人生は自分でやっぱり少しずつ少しずつ、作り上げていくんだと、誰かに面倒見てもらおうとか、誰かに一生っていうのは、もう本当にそれは幻想になりつつありますよと。だからその分自分でちゃんと努力して。
だけど先生、専業主婦というとなんか怠け者のようにね、言ってられるけども、そうじゃなくて、子どもの教育っていうのはじゃあ誰がするんですか?
子どもの教育は3歳とか10歳とか15歳とか18歳とかあたりまでは、とても大事だと思いますが、今、例えば多くの女性たちは子どもが大学へ行ったとき、まだ40そこそこなんですよ。40代半ばの人がまあだいぶ今、少し出産年齢は散らばってきてますけれどね、大学生になってもお母さんが世話をする、学校へ入っても就職してもまたうちの子、きょうはかぜですから休ませていただきますってお母さんがお電話をするっていうようなね、面倒を見すぎることの弊害のほうが多くなってるんじゃないかなと思うんですけどね。
実は去年の暮れ、うちの娘が結婚したんですよ。そのときのあいさつで、まことにうれしかったのが、昔は共に苦労をして、築いていこうねとか、共に苦労しながら頑張ろうなって所帯をもっていくっていうのが。共に苦労が先やったわけですわね。今は2人で幸せにいこうねっていう幸せが先になっとる。せやからなんか、もめたらパッと離れるんで、苦労しながら頑張ろうやっていうてる、これが根本や思うんです。だから僕は先生の話は少しまちごうてると。そっちへふって悪いけどね。
違う、違う、問題は苦労の内容なのね。苦労の内容なの。今まで女の人は自己犠牲でがまんしてきて、それが女の生き方だっていわれてたから、もう老後は女の人、ボロボロで年金もなければ何にもなければ、男の人はいい人でなければ、今女の人の年取った人で貧困者がものすごい増えてるの。ということは、散々尽くして尽くして、そのあと亭主に死なれてお金も残ってなくてっていう人がうんと多くて、そういう時代を作っちゃいけない。だから共に苦労する、その苦労の内容が問題なの。2人でいっしょにごはん作ろうねとか、会社が早く亭主帰してくれればスウェーデンみたいに散歩帰ってきてからいっしょにごはん作って、いっしょに勉強見て、また朝元気になってと、日本は亭主がうちに帰ってこないんだもん。
30代40代は違いますよ。少しずつ変わってきてますよ。
そんなことわかってるけど。
違ってきてるのはね、普通の田嶋さんのような女性だけじゃなしに、普通の専業主婦の女性たちが、もう男性が家庭のことをするのはあたりまえだと。子どもをいっしょに育てるんだっていうふうに考えるようになってるんですね。
そういうふうになってきたわけ。
1世代前はね、女性はね。
さすが品格にお詳しいだけあって、すごくおっしゃっていることは理想的なある意味、女の一生ですよ。
理想じゃない。
理想っていうかだんだんそれが普通になっていくんです。
いや、それが普通になったら、ますます僕はこの人は存在価値、あると思いますよ。
ないないない。
そういう人の幸せが一番、嫌なんですから、この人は。
そんなことないよ!結婚しようとしまいと専業主婦になろうとなるまいと個人の勝手で、その人がちゃんと、しっかり自由に生きてければなんでもいいの。むしろ亭主もいなくて、子どもを生む人をきちんと政府は保護してお金を出してとか、そういうことをしてもらえたら、みんなが幸せにならないと社会よくならないから、もうでも、結婚、今までの結婚制度は私は奴隷制度だって言ってるんですよ。いやいや、だけど。
そのとき…いやなんだから。
結婚もいいないように今、変わりつつあるから、そこをもう少し坂東さんがおっしゃるように、かわっていって、結婚しても男の人も女の人も仕事を失わなくてもいい、自分の人生失わなくてもいい、今まで2人で1人だったけど、2人で3人になるとか、そういう発想になってくれればいい。今まで人っていう字を見てください。結婚式にいつも言ったじゃん。支えあって2人で1人だって、ばか言ってんじゃないよ、2人でいっしょになったら1人ずつなんだよ。わかる?人っていう字はHっていう字を書くの、Hっていう字を。Hが楽しくなるの、人という字はHっていうの。
何を言ってんですか。
田嶋さんのお考えでは、日本の結婚制度というか、日本の結婚のシステムっていうのはかなり改善されてきてると?
これからだから、そのためには法律少し変えないとね、民法変えないと、民法の中ですごくまだ男女差別が残ってるわけ。それを国連は言ってくるわけ。それで日本はこれだけ経済発展していても、人権っていうことではすごく遅れてるから、それでバランス取れないとって。
国連が言って、国連のどこが言ってるか知らんけど、人権委員会に聞いて余計なお世話だって言えばいいじゃないか。
そんなことない。ありがたいよ。
そこの国に日本は間に合ってるっていやあいいじゃないか。
間に合ってないよ、先生。従軍慰安婦問題だって解決できてない。
え?
人権なの、女性に対する…に関して過去を清算しないといけないですよ。
変わらなければだめかっていう考え方はありますけれども、少しずつね。
そういう女の人が多いから困っちゃうんだよ。
そことは別の問題じゃないですか。
大丈夫です、10年後でも従軍慰安婦問題があるかぎりこの人は大丈夫です。
ちょっと西川さんに伺いたいんですが、どうです?結婚も間近ですよね?
婚約中でフワフワしてるから何も見えないんですよ。
見えてますよ。見えてます。
頭も悪くなってるの。
頭悪くなってないです。
お医者さんの4割がね、お医者さん、医学部の学生の4割が女性っていう時代です。
医学部の女ってさ、しょうがない女多いのよね。
自分、偏見ですよ。
仕事辞めちゃってさ。
やめてない人も今、大勢いますし、昔だって。
あんた仕事してんの?
してますよ。でもそうやって自立して、仕事もして、結婚もして子どもも産んでっていうのが…。
そうしたければね。
女性の喜びになってますよね。
私みたいに一人でいたければいてもいいの。
西川さんの今、考えてるのは当然、結婚されてそのあと専業主婦になるつもりはないですよね。
ないですね。
ということになると、皆さんがおっしゃってる、女性の方が言ってらっしゃる理想的なものに近いのに、なんで田嶋さんと意見が合わないところはどこなんですか?
だからわかってないのよ。歴史をわかってない。
なんか品格がないんですよ。
それでちょっと私の話を。日本の男性、生やさしいから女だまされるのよね。それで日本の男性はちょっと、どっかですごく意地が悪くて、生やさしい、意地が悪い。
そんなことない。
坂東さん来たから。
そんなこと言ってるからだよ。
でもね、本当にね、そんなことないですよ。
うまいね、うまいね。
目からうろこ落ちましたね。ありがとうございました。
まだ言いたいことあるんだけど。
そりゃおかしいわ。
一目見たときからずっと気になってた。
牛だって。
まあ、というふうなことでですね、実はきょうは一つ、話がこちらの皆さんと盛り上がったもんですから、途中でやるはずのVTRが一つ飛んでおりまして、実は先週までここに座ってらした、この間まではうそ大臣。
気いつけや、うそ大臣って。
今は本当の大臣におなりになりました。
あ、そういう意味ね。
原口総務大臣のところにスタッフが陣中見舞いに行ってちょっとインタビューとってきましたんで、ご覧ください。
当委員会が産んだ大臣、原口一博総務大臣の陣中見舞いに行ってまいりました。
失礼します。
ようこそ。
大臣、このたびはおめでとうございます。
ありがとうございました。たかじんさんはじめ皆さんのおかげで。総務大臣ですね。これ、うそものじゃないですよね。
お茶を出そうかと思ったんですけど。
適当で。
適当でいいですか?
お茶を出すんじゃなくて、官房機密費を出してください。直轄事業負担金、ぼったくりバーだと。あれをもうなくすと明言したわけです。それから国の出先機関、まあここで居酒屋タクシーのようないろんなことをやってたわけです。それを原則廃止するっていうことも明言をし、そしてこれを実践に移していきます。なんかちょっと、ほんと借りてきた猫みたいになってますけども、居心地悪くないですね。本当に多くの皆さんにお礼を申し上げたいと思います。やっぱりいいですよね。この番組。あったかいです。多少、危険な所もありますけども本音でいろんな人たちが議論をされますよね。総務大臣としては1つの番組にあまり肩入れするっていうことはできませんけどね、番組スタッフの皆さんともどもですね、ご健勝をお祈り申し上げます。
原口大臣、頑張ってください。
まあそうですか。原口さん。僕らはもうなるやろうと思ってましたが、まあ実際なるとね。
でもあのときの発言からすると、事前になんかあったような、かなり自信ありげでしたもんね、この間。
顔はね。
でもわれわれにとって非常にありがたいのは、たぶん日本中の番組で、あすつぶれてもおかしくない一番の筆頭の番組、この番組なんです、ね?どこでどんな圧力がかかるかわからない、そのときに総元締め、この人です。
これはちょっと心強いですね。ちょっとね、後ろから手入れたらね腹話術みたいに何でも…。
そんなばかな!
原口さん、うんって。
大臣、大臣です。
だって、毎回こうやってたVTRあるでしょ?いっぱい倉庫に眠ってるやろ?
そんなのまとめて編集して送ったろか?
下品。下品。さあ、ということで、さあ続いての予言者なんですが、スタッフがどうしても出てほしいということで口説き落としにかけたんですけど、どうしても嫌だとおっしゃったのを、ぎりぎり口説いてきょうは出ていただくことになりましたんで、ちょっと私、迎えに行ってこいという話なんで。
誰?
そのぐらいな。
あらららら。
ちょっと行ってきますので。
誰?
それではその方に出ていただきますんで。
待ちます。
その方の登場です!
予言者さんいらっしゃーい!
やっぱり辛坊さん。
150歳以上の高齢者が続出するだろう。
予言者は10月1日付で読売テレビの解説委員長に昇進する気鋭のジャーナリスト、辛坊治郎。さあ、信じるか信じないかはあなたしだい。
沖縄在住の114歳の女性、知念カマさんが長寿世界一となったり、100歳以上の人口がついに4万人を突破したりと、長寿国の道をひた走る日本。しかし芦屋大学客員教授でもある辛坊治郎氏が予言する150歳以上というのはあまりにも現実離れした数字。これまで公式に確認された世界記録でさえ、122歳で、今後、医学が飛躍的に進歩したとしても不可能に思える。ところが、ジャーナリスト歴29年の辛坊治郎新解説委員長は、無気味に笑いながら…。
150歳というのは医学的にはありえなくても、社会学的にはありえるのです。
と断言したうえで。
その兆候はすでに各自治体が最近、長寿祝い金を次々と見直したり、廃止したりしていることに表れている。
と、言い切る。いったいどういうことなのか。地方財政や地方分権が理由なのか、それとも別の理由があるのか?このあと、予言の真実が明らかになる。
今後日本では150歳以上の高齢者が続出する、あなたは辛坊副委員長のこの大予言、信じますか?信じませんか?
まあ可能性としてはそりゃ、今後ってどのぐらいの先を想定してるかちょっとわからないんですが。
どっちですか?
うん?
押してない。
なんかおかしいよ、きょう。
なんでこれを思ったかというと、最近地方自治体のことしの敬老の日に皆さん、気が疲れましたかね?昔は名物だった長寿番付っていうのが、軒並みなくなってるんですよ。昔はベスト10は…です。ところが今、一番上の人も実は匿名であったり、仮名、実名が出てたり、なんで…。
あんまりニュースで?
もう軒並み名簿廃止なんです。一つはプライバシーの保護なんです。
金さん銀さんみたいに取材にも行けないということですか?
今回の場合は、見たことないでしょう?
見たことない。外人の長寿が死んで、日本の人が世界一になったいうの。
114歳の方がなったというニュースはありましたが、その人の映像を見た人っていうのは、誰もいないでしょう?
ない。
1つにはプライバシーの侵害っていうのがあって、何が起きてるかというと、役所の人がお祝いを届けに来ましたのでって言ったら、いや、もううちのおばあちゃん、誰にも会いたないって言ってるから帰ってって言ってるわ。名前を公表せんといてっていう話になって、まず長寿名簿っていうのが世の中から消えたんです。一つはプライバシーの個人情報保護なんです。もう1つは何があるかというと、これ、ちょっと恐ろしい話なんですが、最近ちょっと事件が結構あるんですけど、中高年、仕事がないと。だんだん世代が下にいくほど年金制度が悪くなっていくわけですよ。とすると、自分の親の代のほうが年金はずっと高い。何が起きるかというと、その下の世代が親の年金で飯食うてる人がものすごい社会的に増えてきてるんです。この人たちにとって一番困るのは親が死ぬことなんです。親が死んだら年金もらえなくなるんです。
死亡届出さないんだ。
死亡届、出さないんです。死亡届出さないんです。これね、見つかりゃ犯罪ですよ。見つかれば、犯罪ですが見つからない限りはそのまま入ってくる。さらには80、90ぐらいになってくると年が親の世代なのか自分の世代なのか、もうようわからんようになってくるわけです。で、韓国みたいに全員の指紋取ってるわけじゃないから、その人が本人なのか、その人の息子なのかもなかなかわからない。そうすると、親を極端な話、実際あった事件ですけど、埋めて殺したわけじゃないですよ。自然に亡くなったんだけれども、届け出して火葬にするとばれてしまうから、そのまんま穴掘って埋めて、自分が成り済ましてそのまんま、年金をもらって生活してる人が現実にいて摘発されることも何回か過去にあった。何が起きてるかというと、本当は死んでるんだけども、役所のデータ上は生きてるという高齢者が。
それで150歳以上か!
ものすごい増えてきてる。その人たちは毎年、毎年いっ…、1歳ずつ年とっていってるんですよ。その上、…。そうなんです、最後一つだけ言わせてください。というのをきのう、スタッフに言われて思いついて、きょう、私、厚生労働省に電話したんです。なんで電話したかというと、あの100歳以上ことし日本で発表になったのが4万339人なんですよ。厚生労働省にきょう私電話して、この人たちは本当に生きてるんですかって厚生労働省に聞いたんです。そしたらその担当の方は多分、生きてないと思います。はっきりそう言いました。どういうことですか?って聞いたら、この4万339人というのは住民基本台帳に載ってる100歳以上の人で、実は今回はまだ4万ぐらいだから追跡調査ができるんで、自治体がひとりひとり確認に行ったら、確認できた人は2万1650人。
半分や。
だからそれ以外の人は生きてるかどうかわかりませんなぁ。だから、実は4万というのは参考データで、確認取れてる100歳以上は、2万人、半分なんです。
ほんならそのどっかでまだ、年金で食うてるやつがいてるんやな。
いると思います。これからどんどん増えますよ。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です