アイペッド?

 アメリカ・アップル社のタブレット型端末「iPad」が28日、日本で発売されますが、
まだ発売されていないはずの中国で、そっくりの商品が売り出されています。
 「iPad」にそっくりの商品は、深センの繁華街にある電化製品のビルで売られています。
中国・深センの電気街の店。そこに並んでいたのは、アップル社の「iPad」に見える箱。
しかし、「iPad」ではなく「iPed」。そして、取扱説明書には「APad」とも書かれています。
 中身を取り出してみると、本物の「iPad」とそっくり。起動すると、基本ソフトは異なる
ものの、大きさやボタンの形に加え、画面を指でなぞる操作方法や、端末自体を回転
させると画面の向きが自動で変わる仕組みまでそっくりです。
 「インターネットは無線でつながります」(店員)
 中国製と書かれていますが、メーカー名は書かれていません。店の担当者は、
「iPad」本物ではなく、類似品として販売しています。
 「ちょっと似てますね。中国では、他の製品をまねてもいいのよ」(店員)
 値段は日本円で1万円足らずで、日本での「iPad」の直営店価格の5分の1です。
 「一度に何百個も買う人もいます。『iPad』は高いでしょう?こちらが良いに決まってます」(店員)
 中国でこうした模倣商品は「山賽(さんさい)と呼ばれ、値段が格安なため、かえって人気になる
ケースが多く、著作権への意識が高まる気配はありません。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です