福島第一原発2号機原子炉温度計を操作 2012.2.13

 東京電力は13日、温度上昇を示していた福島第一原子力発電所2号機の原子炉圧力容器底部の温度計が同日午後の点検後、記録上限の400度を超えて振り切れるようにするなど、異常な数値を示す処置を施したと発表した。

 東電は「ほぼ確実に故障させた」としている。温度計は炉心溶融で高温にさらされた後、湿度の高い環境に置いて故障させた。

 東電は同日午後2時頃から、中央制御室内で温度計の電気回路の改造を実施。回路の電気抵抗が通常より大きく、温度計の指示値が高く出やすくなるようにした。改造直後には342度を示し、一時振り切れるまで数値が上昇した。

 温度計は、2種類の金属を接合したセンサー(熱電対)で温度を検知する。センサーが熱を受けると電流が流れる仕組みで、回路に異常が生じさせたために電圧が変化し、極端な値が表示された。

 虚構です。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です