神戸異人館レストラン「グランメゾン グラシアニ」全焼 2012.2.14

 14日午前5時30分頃、神戸市中央区北野町4の異人館通りにあるフランス料理レストラン「グランメゾン グラシアニ」から出火、木造2階建て約340平方メートルを全焼した。

 14日午前5時半ごろ、神戸市中央区北野町4の異人館レストラン「グランメゾングラシアニ」から出火、木造2階建て延べ約340平方メートルをほぼ全焼した。けが人はなかった。市によると、建物は1908年建築の「旧グラシアニ邸」で、市の伝統的建造物に認定されている。兵庫県警生田署は、内部から出火した可能性が高いとみて原因を調べている。

 同署によると、近隣住民が建物1階から火が出ているのを見つけ119番通報。近隣住民8世帯15人が一時避難する騒ぎになった。レストランは13日が定休日で無人だった。7日早朝には敷地で紙くずが燃える不審火があったといい、同署は関連を調べる。

 周辺は洋館が建ち並び、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、観光名所として親しまれている。

 建物は異人館街の洋風建築の1棟で、神戸市が伝統的建造物に指定している。当時無人で火の気はなく、兵庫県警は放火の疑いもあるとみて捜査している。

 グラシアニは、神戸に移住したフランス人一家が1908年(明治41年)に建てた異人館「旧グラシアニ邸」を利用した有名店。白壁に日本瓦をあしらった屋根が特徴。

 運営する平川商事(大阪府八尾市)は「バレンタインデーは毎年盛況で今年も予約でほぼ満席だったが、こんなことになり申し訳ない。当面は休業する」と話した。

 県警によると、1階北側から火の手が上がったとの目撃情報がある。同店は13日が定休日で、12日夜に店関係者が施錠した後は出入りがなかったという。7日早朝には、敷地内の建物東側勝手口付近で紙が燃える不審火が発生しており、関連を調べている。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です