新快速の連結部分にしがみついた男 鉄道営業法違反容疑

 兵庫県警姫路署は2日、走行中の新快速電車の連結部分にしがみついて乗ったとして、鉄道営業法違反の疑いで兵庫県姫路市の会社員田光貴容疑者(22)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は2日午後11時20分ごろ、姫路市のJR御着駅で、新快速の連結部分の外側にしがみついて乗っていた疑い。

 姫路署やJR西日本によると、兵庫県加古川市のJR加古川駅で米原発播州赤穂行き電車の先頭車両同士を連結した4両目と5両目の間に男がいるのを客が見つけ、駅員に連絡。電車はそのまま発車したが、駅員の連絡で、停車駅ではない御着駅に緊急停車、新快速の運転士が取り押さえた。

 JR西によると、新快速は時速約130キロで走行しており、加古川駅から御着駅までの走行時間は約7分間だった。

 田容疑者からは呼気1リットル当たり0・47ミリグラムのアルコールを検出。逮捕された際「友人と酒を飲んでいた。友人は扉から乗ったが、扉が閉まってしまいおいていかれそうになったので連結部分に乗った」と話した。

 神戸市のJR垂水駅で購入した姫路駅までの740円の切符を持っていた。姫路署は、垂水駅が新快速の停車駅ではないため、垂水駅に近い新快速停車駅の明石駅で連結部分に乗った可能性があるとみている。

 JR西によると、連結部分には手すりがあり、田容疑者が手すりを持ち、連結部分に足を乗せていた可能性がある。

 JR神戸線の新快速電車の外側にしがみついて乗車したとして、兵庫県警は3日、姫路市の会社員の男(22)を鉄道営業法違反の疑いで現行犯逮捕したと発表した。酒に酔って、連結部分にしがみついていたという。

 姫路署によると、会社員は2日午後11時20分ごろ、米原発播州赤穂行き下り新快速の4、5両目の連結部分にしがみついて乗車した疑いがある。

 新快速が加古川駅を出発した際、ホームにいた駅員が先頭車両同士の連結部分の人影に気付き、新快速の男性運転士(31)に連絡。停車駅ではない御着(ごちゃく)駅で止まって会社員を取り押さえた。逮捕時に呼気1リットルから0.47ミリグラムのアルコールが検出されたという。

酔った男性、電車にしがみつく

 兵庫県警姫路署は2日、JR山陽線で走行中の新快速電車の連結部分にしがみついて乗ったとして、鉄道営業法違反の疑いで兵庫県姫路市の男性会社員(22)を現行犯逮捕した。事実を認め、逃亡の恐れもないとして、3日午後に釈放。任意捜査に切り替え、書類送検する方針。

 逮捕容疑は2日午後11時20分ごろ、姫路市のJR御着駅で、新快速の連結部分の外側にしがみついて乗っていた疑い。

 姫路署やJR西日本によると、兵庫県加古川市のJR加古川駅で米原発播州赤穂行き電車の先頭車両同士を連結した4両目と5両目の間に男性がいるのを客が見つけ、駅員に連絡。電車はそのまま発車したが、駅員の連絡で、停車駅ではない御着駅に緊急停車、新快速の運転士が取り押さえた。

 JR西によると、新快速は時速約130キロで走行しており、加古川駅から御着駅までの走行時間は約7分間だった。

 男性からは呼気1リットル当たり0・47ミリグラムのアルコールを検出。逮捕された際「友人と酒を飲んでいた。友人は扉から乗ったが、扉が閉まってしまいおいていかれそうになったので連結部分に乗った」と話した。

 神戸市のJR垂水駅で購入した姫路駅までの740円の切符を持っていた。加古川駅で乗り換えようした際に、しがみつく結果になったという。

 JR西によると、連結部分には手すりがあり、男性が手すりを持ち、連結部分に足を乗せていた可能性がある。

 時速130キロで走行しているJRの新快速電車の連結部分にしがみついたとして、兵庫県姫路市の会社員の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは兵庫県姫路市の会社員、田光貴容疑者(22)です。

 兵庫県警などによりますと、2日午後11時頃、JR加古川駅を発車する新快速電車の4両目と5両目の連結部分に田容疑者がしがみついているのを乗客が見つけ、駅員に通報しました。

 電車は時速130キロメートルで走行し、およそ7分間、11キロメートル離れた御着駅に緊急停車したところで、運転手が田容疑者を取り押さえたということです。

 田容疑者は上司と酒を飲んだ帰りで、警察の取り調べに対し「先に電車に乗った上司を追いかけようとして連結部分に乗った」と話しているということです。

 新快速電車の連結部分にしがみついて乗ったとして、鉄道営業法違反の疑いで現行犯逮捕された兵庫県姫路市の男性会社員(22)について、姫路署は3日午後、本人が事実を認め、逃亡の恐れもないとして釈放した。任意捜査に切り替え、書類送検する方針。

 姫路署によると、会社員は姫路市のJR山陽線御着駅で連結部分に乗っているところを運転士に取り押さえられた。兵庫県加古川市の加古川駅から御着駅までの約7分間、しがみついていた。

 2日午後11時15分ごろ、JR神戸線加古川駅で、米原発播州赤穂行き新快速の4両目と5両目の連結部分の外側に、男がしがみついているのをホームにいた客が発見した。

 大阪総合指令所から連絡を受けた運転士は、御着駅に緊急停車。男は取り押さえられ、鉄道営業法違反の疑いで、姫路署に現行犯逮捕された。

 同署によると、姫路市の会社員(22)。当時、酒に酔っており、垂水駅で購入したとみられる740円区間の切符を持っていた。「一緒にいた同僚は新快速に乗り込んだが、自分は間に合わなかった」と話し、容疑を認めているという。

 JR西日本によると、このトラブルで新快速は8分遅れ、約300人に影響した。

 兵庫県警姫路署は2日、走行中の新快速電車の連結部分にしがみついて乗ったとして、鉄道営業法違反の疑いで兵庫県姫路市東夢前台、会社員田光貴容疑者(22)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は2日午後11時20分ごろ、姫路市のJR御着駅で、新快速電車の連結部分の外側にしがみついて乗っていた疑い。

 姫路署によると、兵庫県加古川市のJR加古川駅で駅員が、米原発播州赤穂行き電車の先頭車両同士を連結した4両目と5両目の間に男がいるのを発見。電車はそのまま発車したが、駅員の連絡で、停車駅ではない御着駅に緊急停車し、新快速の運転士が取り押さえた。

田容疑者からは呼気1リットル当たり0・47ミリグラムのアルコールを検出。

 兵庫県警姫路署は2日、走行中の新快速電車の連結部分にしがみついて乗ったとして、鉄道営業法違反の疑いで兵庫県姫路市の会社員田光貴容疑者(22)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は2日午後11時20分ごろ、姫路市のJR御着駅で、新快速電車の連結部分の外側にしがみついて乗っていた疑い。

 姫路署によると、兵庫県加古川市のJR加古川駅で駅員が、米原発播州赤穂行き電車の先頭車両同士を連結した4両目と5両目の間に男がいるのを発見。電車はそのまま発車したが、駅員の連絡で、停車駅ではない御着駅に緊急停車し、新快速の運転士が取り押さえた。

 田容疑者からは呼気1リットル当たり0・47ミリグラムのアルコールを検出。「友人と酒を飲んでいた。友人は扉から乗ったが、扉が閉まってしまいおいていかれそうになったので連結部分に乗った」と話している。

 神戸市のJR垂水駅で購入した姫路駅までの740円の切符を持っていた。垂水駅は、新快速の停車ではない。

—————-

 神戸市東灘区のJR住吉駅で、時速百キロもの猛スピードで通過する新快速電車から男がホームに飛び降り、立ち去っていたことが三日、兵庫県警の調べで分かった。男は居合わせた客の視線を気にせず、何事もなかったように歩いて姿を消したという。

 県警は、鉄道営業法違反の疑いで行方を探しているが、警官らも「こんな『途中下車』は聞いたことがない」と首をかしげるばかりだ。

 二日午前十時四十五分ごろ、同駅ホームで、近江今津発姫路行き新快速電車から、赤い服を着た若い男が飛び降りるのを複数の人が目撃。男は勢いで鉄製フェンスに激しくぶつかったが、そのまま改札口の方に歩いていったという。

 一方、電車内では、連結部付近で人の手や足が見えているのに気付いた乗客がいたが、「ドン」という音とともに姿が消えたという。

 JRから通報を受けた東灘署や県警鉄道警察隊などが周辺を捜索。病院や医療機関にもあたったが、該当する人物はいなかった。

 JRによると、新快速の最高時速は約百三十キロ。駅の通過時はややスピードダウンするが、それでも百―百十キロは出る。車両は窓が開かず、停車駅で連結部にしがみついたとみられる。担当者は「新快速から飛び降りて大きなけがもないなんて…。ミステリーだ」と目を白黒させている。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です