JR西日本 明石駅の駅員が8600万円着服「後輩社員ら7人に再発行や払い戻しを指示」

駅員が8600万円着服=後輩にも現金、定期不正発行―JR西

JR西日本は19日、明石駅(兵庫県明石市)の男性駅員(50)が、不正に再発行した定期券を払い戻して約8600万円を着服していたと発表した。駅員は「旅行やギャンブルに使った」と話しており、同社は詐欺罪などで県警に告訴した。
JR西によると、駅員は2006年6月から今年2月まで、明石駅などで利用客から申請があったように装い、磁気定期券を再発行。定期のデータをIC乗車券「イコカ」に移し替えるなどし、計659回にわたり現金を払い戻していた。イコカにデータを移せば、チェックを逃れやすいため悪用したとみられる。
駅員は20代の後輩社員ら7人に再発行や払い戻しを指示し、見返りに1人40万~90万円を渡していた。後輩らは不正を認識していたが「信頼できる先輩で、言い出せなかった」などと話しているという。

定期券不正、着服8600万…他の7駅員も協力

読売新聞 3月19日(月)22時9分配信

JR西日本の駅員が定期券を不正に再発行するなどして現金を着服していた問題で、同社は19日、新たにJR山陽線明石駅の男性駅員(50)が同様の手口で、約5年8か月間に659件、計約8600万円を着服していたと発表した。

同社は男性駅員を詐欺容疑などで兵庫県警に告訴した。不正に協力した7人の同僚駅員とともに、懲戒処分にする方針。

同社によると、男性駅員は、破損した磁気定期券を無料で交換できる手続きを悪用。2006年6月~今年2月の間に、破損した定期がないのに、架空の名前を使って再発行手続きをし、この定期を払い戻して現金を着服していた。

当初は、主に窓口業務に当たっていたため1人で端末を操作し、不正を行っていたが、その後、窓口を担当しない日が増えたため、若手の同僚らに手伝わせるようになったという。

同駅には駅員が約40人おり、うち約20人が窓口を担当。内規では、一日の業務が終わった後、回収した破損定期券と再発行記録の照合作業を行うことになっているが、実際には照合を行っていなかった。

同社の柴田信常務は「管理体制が不十分だった。再発防止に努めたい」としている。

男性駅員は、不正で得た全額を受け取り、協力した同僚駅員のうち20歳代の6人に40万~90万円を渡したほか、飲食や旅行にも連れて行っていた。男性駅員は「ギャンブルや旅行に使った」と話し、協力した駅員の1人は「男性駅員に嫌われたくなかった」と説明しているという。

先月、大阪環状線天満駅の男性駅員(31)(懲戒解雇)が約2400万円を着服したことが判明したことを受け、同社は破損した定期券がないまま、再発行するなど、約3000件の不審なケースを調査し、明石駅の不正がわかった。

ほかに、福知山線新三田駅に勤務していた男性駅員(28)が16万円を着服したことも判明した。.

最終更新:3月19日(月)23時45分

JR明石駅員 不正定期で着服

架空の定期券の払い戻しを悪用した着服が相次いで判明したJR西日本で、今度は、明石駅で社員ら8人が関与しておよそ8600万円が着服されたことが新たにわかり、JR西日本は、このうち50歳の男性社員を詐欺の疑いで警察に告訴しました。
JR西日本によりますと、明石市の明石駅に勤務していた50歳の男性社員は、駅のほかの社員や契約社員7人に協力させて、架空の定期券を不正に発行してその後、現金の払い戻しを受ける手口で、平成18年から先月までの間に、およそ8600万円を着服していたということです。
男性社員は、着服に協力させた7人のうち6人に、1人あたり40万円から90万円の現金を渡したほか、旅行や飲食もさせていたということで、JR西日本は今月16日、男性社員を詐欺の疑いで警察に告訴しました。
またこれとは別に新三田駅でも社員1人がおよそ16万円を着服していたと言うことです。
JR西日本では、これまで大阪の天満駅と広島県内の駅でも着服が明らかになっていました。
JR西日本は、一連の社内調査を終えたとしたうえで、「お客様の信頼を裏切り深くお詫び申し上げる。チェック体制を整備し、再発防止に努めたい」と話しています。

03月19日 21時33分

JR明石駅員、8600万円着服 架空の定期券払い戻し定期券架空発行の手口

JR西日本は19日、JR神戸線明石駅(兵庫県明石市)の男性駅員(50)が架空定期券を発行し、払い戻す手口で約8600万円を着服していたと発表した。男性駅員は20代の若手駅員7人に協力させ、見返りに現金を渡したり、旅行や飲食代を肩代わりしたりしていたという。同社は16日、男性駅員を明石署に詐欺容疑などで刑事告訴した。

JR西によると、男性駅員は2006年6月~今年2月、明石駅と応援派遣で業務にかかわった隣の朝霧駅のみどりの窓口で、自動改札を通らなくなる「磁気異常」を名目に架空の定期券を再発行。これを払い戻して換金する不正行為を計659回繰り返していた。朝霧駅では主に単独で不正行為をしていたが、明石駅での不正手続きは若手駅員7人にさせていた。

男性駅員は着服した金をギャンブルなどの遊興費に使ったほか、不正に関与した若手駅員のうち6人に一部を渡していたと説明。総額で375万円、1人当たり40万~90万円に上るという。飲食や旅行代金も肩代わりしていたという。

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です