運搬にドンドン燃料使ってがれきの広域処理を進めようよ

例えば仙台-大阪 861km Yahoo!ロコを例に・・・

走行可能距離2km/Lなら往復で861リットル
同4km/Lなら往復で830.5リットル
ダンプカーの燃費
(燃費について一覧など、詳しく書かれているサイトが見つかりませんでした・・・)

こんなに燃料を使って運べるのは、たったの10トン程度。
現地で処理できる目処を立ててくださいとしか言いようがありません。

「がれき」のそばでは、日々の暮らしが営まれている。
毎日「がれき」を見ることで、人々はあの日の悲しみを思い出す。

東日本大震災による津波被害で発生した、岩手県・宮城県の「がれき」
現地は今日も24時間処理を続けています。
仮設焼却炉も新設。それでも、限界を超えています。
全国での「がれき」の受け入れ・処理。
みんなの力をひとつにするときです。

みんなの力で
がれき処理
災害廃棄物の広域処理をすすめよう

環境省

No related posts.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です