Google Base、ついに姿を現す CNET Japan

 これまで謎に包まれていたGoogleの新サービス「Google Base」が、米国時間15日夜についに始まった。このサービスでは、ユーザーがどんな種類の情報でも無料で投稿できるほか、それらの情報にラベルを付けて他者が簡単に見つけ出せるようにすることも可能だ。
 このサービスは現在ベータ版で、ユーザーは「オンラインならびにオフラインにあるあらゆるタイプの情報や画像」をポストできる。また、これらの情報や画像はGoogle Base上で検索可能になるほか、内容の関連度に応じて「Google Search」「Froogle」「Google Local」からも検索できるようになると、同社では説明している。

Google Base、ついに姿を現す–実態は「何でも共有サイト」か – CNET Japan

No related posts.

10件のコメント

  1. Google Analyticsに喰われてたまるか

    あのGoogleが、アクセス解析サービスに参入。一応、オイラもアクセス解析ソリューションを開発&提供しているので、、、しかも、Googleでトップだったりするので、、、いやー、びっくりびっくり。

  2. Google Base、ついに姿を現す CNET Japan

     これまで謎に包まれていたGoogleの新サービス「Google Base」が、米国時間15日夜についに始まった。このサービスでは、ユーザーがどんな種類の情報でも無料で投稿できるほか、それらの情報にラベルを付けて他者が簡単に見つけ出せるようにすることも可能だ。

     こ

  3. グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開

    グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開 グーグル(Google)のグーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開されました。 テンプレートが用意されているほか、利用者が自分で項目を設定することも

  4. Google Base!?

    最近のGoogleからは、目が離せません!

    またもや新サービスが登場したようです。「Google Base」と言って、
    一言で言えば「何でも共有サイト」(CNET)。

    現在はβ版で、英語にしか対応していないようですが、
    Google社では「このGoogle Base β版は簡単に検索

  5. グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開

    グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開

    グーグル(Google)のグーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開されました。
    テンプレートが用意されているほか、利用者が自分で項目を設定すること

  6. グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開

    グーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開

    グーグル(Google)のグーグルベース(Google Baseのβ版)であるオンラインデータベースが無料公開されました。
    テンプレートが用意されているほか、利用者が自分で項目を設定すること

  7. vinaka より:

    契━━(漓?)━━!!!
    http://noma-neko.com/
    こんなサイトがあったなんて
    『のまねこどっとこむ』
    ブラックメールだよ。
    相手が回答してきた時にはテンションぶちアゲだyo

  8. vinaka より:

    契━━(漓?)━━!!!
    http://noma-neko.com/
    こんなサイトがあったなんて
    『のまねこどっとこむ』
    ブラックメールだよ。
    相手が回答してきた時にはテンションぶちアゲだyo

  9. Microsoftがグーグルベース(Google Base)対抗に”Fremont”無料サービス

    Microsoftがグーグルベース(Google Base)対抗に”Fremont”無料サービス

    グーグルベース(Google Base)に対応して、Fremontは個人や企業が簡単に案内広告を出せる、オンライン・ナノパブリッシングサービスである。グーグルベースに刺激されたわけではないとMS側

  10. google のfroogleで米国から個人輸入

    アメリカでインターネットのオンライン上で売られている商品を比較検討して、日本へ個人輸入したい場合は、http://froogle.google.com をクリックして、現れたgoogle のfroogle の画面の検索窓に、英語で、買いたい商品のキーワードを入力し、検索窓の右の「Search Froo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です