メインボードの不良コンデンサが原因でPCが故障するそうです

デル1社では済まない–PCメーカーを揺るがす不良コンデンサ – CNET Japan
 今回問題になったのは、色が黒と金の2色で、長さ約2.5センチの低ESR(等価直列抵抗)アルミニウム電解シリンダというキャパシタで、側面にHN(M)およびHM(M)のマークがあり、上部には「X」の文字が刻印されている。このキャパシタは一部のマザーボードやビデオカード、さらにPC、モニタ、ビデオデッキ、テレビなどの電源にも採用されている。

 つまり、一部のメーカーで出来の悪いコンデンサが作られていて、コンピュータのメインボードにそれが使われている場合は要注意ということです。

電解コンデンサ

 もしあなたのパソコンが壊れたら、まずはコンデンサが破裂していないか確かめてください。破裂しているのが確認できたら保証を確認しましょう。保証期間内ならおそらく無償で修理してくれるでしょう。期間外であれば、有償で修理してもらうか、自分ではんだごてを使って修理してしまいましょう!!(笑 <ただし自己責任で>
 まずは小ロット生産者と共に歩む 秋月電子通商で破裂したのと同じ容量・耐電圧のコンデンサをお買い求め下さい(笑
 あとははんだごてで破裂したコンデンサを外して新しいコンデンサを付けるだけです。このときメインボードを傷つけないようにしましょう。
 簡単ですね。私はやったことありませんが(爆
 この記事で度々「破裂」と書きましたが最近のコンデンサはプシュっていう音がするだけで周りに被害を及ぼすことはないそうです。昔のコンデンサが破裂した場合は部屋がえらいことになるそうですので、くれぐれも昔のコンデンサをAC100V電源に差し込まないようにしてください(笑

No related posts.

3件のコメント

  1. ただでさえ当たり外れのある電解コンデンサに混じる不良品

    今利用しているマシンには、電解コンデンサって言う部品があります ほとんど円筒形の形しているやつで、自作パソコンのユーザーだったり、パーツ増設なんかでばらしたことのある人は見たことがあるかもしれません この部品は場合によっては少しへたれやすく、マシンの動

  2. Blog!NOBON より:

    大量の不良キャパシタ…iMac G5も

    CNET Japan によると、キャパシタに大量の不良品が発生し、PCメーカーにとって大きな頭痛のタネになる可能性があると伝えています。
    キャパシタって聞いたこともなかったので調べてみると、マザーボード上にある小さくて安価な部品で、電気を蓄積して電圧を調整する

  3. 電解コンデンサーの話

    電解コンデンサーとは?電解コンデンサーを扱う時の注意点。電解コンデンサーの用途。他にはどんな電解コンデンサーがあるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です